肝に銘ずる

 年が明けてから落ち着いて観察する時間がなく、折角の休みでも天気が悪かったりと、2017年最初の観察初めは、気がつけば1月の最終週となってしまいました。

Yurikamome
ユリカモメ

 酉年なので、まずは鳥の写真でも。
 向かい風に乗りながらホバリング気味に飛んでいたので、トンボの飛翔写真の感覚を思い出す良い練習になりました。

Ubatamayanisashi
ウバタマムシ(左)とヤニサシガメ(右)

Ubatama

 道端に植えられていた樹(タイワンフウ)の種名プレートを何気なくめくってみると、裏側にウバタマムシとヤニサシガメが隠れていました。ヤニサシガメは、いても然もありなんというところですが、ウバタマムシのような大物が出るとやはり嬉しいですね。

 毎年、最初の観察に出て感じることなのですが、現場に出れば何かしらの収穫もしくは発見が必ずあるので、短い時間でも観察に出ることが大切だと肝に銘じて、今年も頑張ろうと思います。

香川県 2017年1月27日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追い打ち

 台風一過の翌日、地元の公園にある水田の稲が一部倒れてしまったため、復旧作業を手伝いつつ、生きものの様子も見て来ました。

Jyakou1
ジャコウアゲハ

 前の記録では蛹化間近の終齢幼虫を載せましたが、それから2週間経ったのでほとんどは蛹になっており、おそらく台風前には羽化したと思われる殻も多数残されていました。

Jyakou2

 中には死んでしまった蛹もありましたが、どこからか飛んで来たクロスズメバチが忙しく齧り取って糧としていました。できれば冬場の越冬蛹も観察したいところですが、肝心のウマノスズクサが前の幼虫達によって根刮ぎ食べられており、果たして今後どうなるのか気になるところです。

Shiokara
シオカラトンボ:交尾

Uragin
ウラギンシジミ

 台風が残した強い風が始終吹いていましたが、そんな中でもシオカラトンボは元気に活動しており、方やウラギンシジミは風をやり過ごすように葉の影に止まっていました。

 この後、引き上げようかと思った矢先に園内を散策していた孫連れのおじいさんに「カマキリがセミを捕まえてた!」と呼び止められたので、その現場へ案内して頂いたのですが、

Harabiro1
ミンミンゼミを捕らえたハラビロカマキリ

 おじいさんの証言通り、ハラビロカマキリがミンミンゼミを捕らえていました。この時点ではセミはまだ生きており、時々翅をばたつかせてはいましたが、カマキリの方はそれをがっしりと押さえ込んでいたので、大した力です。

Harabiro2

 珍しい光景を見れた喜びの反面、セミにとっては折角台風を乗り切ったのに何たる仕打ち! という心境かとは思うので、それを察すると切ない面もあります。

東京都 2016年8月31日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

チョウ・ガ | トンボ | 昆虫 | 景色 | 植物 |