奥ゆかしき茶色

 先日の29日は振休だったのですが、道東地域のため例のミサイル騒動により早朝からJアラートと町内放送に叩き起こされました。しかも外は雨・・・。
 束の間の休みというのに寝覚めの悪い日でしたが、お昼頃には雨が止んだので、景気付けに知り合いの虫屋さんから教えて頂いた場所へと、ある昆虫を探しに出掛けました。

Cyairosuzume1

Cyairosuzume2
チャイロスズメバチ:ハルニレの樹液を摂取

 その昆虫とはこちら、チャイロスズメバチです。生きている姿は初めて見ましたが、この茶色が中々に渋い! 本種については、『社会寄生』(本種の女王バチがキイロスズメバチなどの巣に侵入して、最終的に巣を乗っ取る)という生態が有名で、昆虫の奥ゆかしさを感じます。実物を見ると、思っていたより小さくて羽音も重低音ではない(アブに近い?)ので、今まで頭の中で勝手に作られていたイメージが一新されました。
 雨上がりで気温が低かったため、動きが鈍いのを良い事にかなり寄って撮影してしまいましたが、スズメバチである事には変わり無いですし、今度見る時は注意したいと思います。

Akagera
アカゲラ

 帰り際、近くの立ち枯れ樹をふと見ると、餌を探すアカゲラの姿が。結構近かったのですが、こちらを特に気にせず黙々と餌探しに専念していました。

Torikabuto
エゾトリカブト

 気がつけば、トリカブトの花が咲く季節になりました。今年は、地理的な面もあって夏らしい雰囲気を感じる事が未だ少ないのですが、道東ではもう秋支度が始まっているようです。

道東 2017年8月29日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肝に銘ずる

 年が明けてから落ち着いて観察する時間がなく、折角の休みでも天気が悪かったりと、2017年最初の観察初めは、気がつけば1月の最終週となってしまいました。

Yurikamome
ユリカモメ

 酉年なので、まずは鳥の写真でも。
 向かい風に乗りながらホバリング気味に飛んでいたので、トンボの飛翔写真の感覚を思い出す良い練習になりました。

Ubatamayanisashi
ウバタマムシ(左)とヤニサシガメ(右)

Ubatama

 道端に植えられていた樹(タイワンフウ)の種名プレートを何気なくめくってみると、裏側にウバタマムシとヤニサシガメが隠れていました。ヤニサシガメは、いても然もありなんというところですが、ウバタマムシのような大物が出るとやはり嬉しいですね。

 毎年、最初の観察に出て感じることなのですが、現場に出れば何かしらの収穫もしくは発見が必ずあるので、短い時間でも観察に出ることが大切だと肝に銘じて、今年も頑張ろうと思います。

香川県 2017年1月27日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

チョウ・ガ | トンボ | 昆虫 | 景色 | 植物 |