肝に銘ずる

 年が明けてから落ち着いて観察する時間がなく、折角の休みでも天気が悪かったりと、2017年最初の観察初めは、気がつけば1月の最終週となってしまいました。

Yurikamome
ユリカモメ

 酉年なので、まずは鳥の写真でも。
 向かい風に乗りながらホバリング気味に飛んでいたので、トンボの飛翔写真の感覚を思い出す良い練習になりました。

Ubatamayanisashi
ウバタマムシ(左)とヤニサシガメ(右)

Ubatama

 道端に植えられていた樹(タイワンフウ)の種名プレートを何気なくめくってみると、裏側にウバタマムシとヤニサシガメが隠れていました。ヤニサシガメは、いても然もありなんというところですが、ウバタマムシのような大物が出るとやはり嬉しいですね。

 毎年、最初の観察に出て感じることなのですが、現場に出れば何かしらの収穫もしくは発見が必ずあるので、短い時間でも観察に出ることが大切だと肝に銘じて、今年も頑張ろうと思います。

香川県 2017年1月27日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

チョウ・ガ | トンボ | 昆虫 | 景色 | 植物 |