一富士 二鳶

あけまして おめでとうございます。
今年も蜻蛉の手帳を宜しくお願い致します。

Tobi
トビ
山梨県南都留郡山中湖村 2016年3月27日

今年も、これまでと変わらずにやっていければなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

迷彩効果

 トンボのシーズンとしては流石に厳しくなって来たので(ヤゴと越冬トンボは別として)、新規開拓と水鳥観察も兼ねて、まだ足を運んでいなかった地域へと行って来ました。

Yurikamome
ユリカモメ

Ikaruchidori1
イカルチドリ

 訪れた池が海に近かったこともあってか、水際にはカモメ類などの水鳥の姿もあり、その合間を縫う様に小さなイカルチドリが歩き回っていました。

Ikaruchidori2
イカルチドリ

 始終ちょこちょこと歩き回って食べ物を探していたのですが、警戒心が強いのか、こちらの姿に気がついた後に皆で石のそばまで駆けて行き、じっと固まる行動が見られました。
 帰ってから図鑑で調べてみると、石にカムフラージュするための行動とのこと。こうして望遠レンズで拡大してみれば一目瞭然なのですが、肉眼かつ遠目で見るとわかりにくいですし、比べてみると羽の色も地面に似ていますから、少なくとも人の目を欺くには十分です。

Seitakashigi
セイタカシギ

 中には、こんな風変わりなシギも。すらっと細長く赤い脚が特徴的な、その名もセイタカシギです。
 シギ・チドリの仲間というと、素人には見分けが難しいグループという印象があるのですが、今回じっくり観察してみて、不思議かつその可愛い姿と仕草には心惹き付けられる物がありました。

香川県 2016年12月19日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

流れを前に物思う

 夕方、所用を済ませた後に近所を流れる川を通りかかったところ、川岸に見慣れない鳥がいました。

Goisagi1
ゴイサギ

 その鳥は、こちらのゴイサギ。昨年の冬に都内の水辺で観察しましたが、近所でもその姿を見る事ができるとは思いませんでした。

Goisagi2

 しかも、いた場所というのが都市河川の壁面に開いた別の水路からの流出口。およそ綺麗とは言えない水がごおごおと流れている水路なのですが・・・

Goisagi3

 当のゴイサギは、物思いに耽るかの様に流れ出る水をじっと見つめ、時折素早く首を伸ばして何かを啄んでいました。上からは見えませんでしたが、小魚か水生昆虫か何かが流れて来るのかもしれませんね。都会で暮らす生きものは、一見して人間が見向きもしない物を利用している事があるので、その意外性にはっとさせられます。

東京都 2016年8月2日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

寝る前の一風呂

 一週間前の事ですが、大学のゼミ仲間と共に富士山五合目にて合宿という名の同窓会をしてきました。

Uso
ウソ♂

Sendaimushi
センダイムシクイ?

Ruribitaki
ルリビタキ♂

 泊まった山荘が鳥観察で有名な所だったのですが、夕暮れ時になると山荘近くの水場に様々な鳥達がやって来て、ねぐら入り前の水浴びをしていました。

Ooaoito
オオアオイトトンボ♀

 五合目の集合が夕方だったので、この日の午前中はトンボ観察に出たのですが、行った先の水辺では羽化したばかりのオオアオイトトンボを発見しました。梅雨に入り、暑い季節が近付いて来ていますね。

山梨県 2016年5月28日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

その他のカテゴリー

カエル・イモリ | チョウ・ガ | トンボ | 昆虫 | 景色 | 植物 |