木の葉隠れ

 一週間以上前の記録になってしまいますが、この日は薄曇りに涼しい風が吹き抜ける中で観察に出掛けました。結果から言ってしまうと、トンボの成果はゼロでしたが、林縁を歩いている時にちょっと面白いチョウに出会いました。

Kurokonoma1

 どこにいるか、わかりますか?

Kurokonoma2
クロコノマチョウ

 正解は、中央より少し左。枯葉にそっくりなクロコノマチョウです。色も然ることながら、質感も枯葉そっくりです。足下から不意に飛び上がるまで、全くわかりませんでした。

Turigane
ツリガネニンジン

 四国だから東京よりは暖かいだろうと思っていましたが、風は意外に冷たいので、真冬は東京と大差ないかもしれません。

香川県 2016年10月31日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日暮れ前の一時

 仕事が終わった後、職場前の草地にふと目を向けると、ヤマトシジミ達が翅を休めていました。

Yamato1
ヤマトシジミ

Yamato2

Yamato3

 わずか2メートルの範囲に、10個体近くが集まって眠りに就いていました。日中は猫の額ほどの草地としか思っていませんでしたが、そんな草地でも、生きものにとっては大事な空間であると感じた日暮れ前の一時でした。

香川県 2016年10月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

他力本願

 稲の復旧作業を行ってから数日後、問題無いか再び様子を見に行きました。まるで農家のおじさんですね。

Kuroageha
クロアゲハ

Nagasaki
ナガサキアゲハ♀

 公園へと向かう途中、道端ではクロアゲハの蛹を発見したり、ナガサキアゲハに出くわしたりと、何故かアゲハ類との遭遇率が高かったです。

Kawasemi
カワセミ♂

 公園に着いて、水田へと向かう前にヤブヤンマのいる池を覗いてみると、なんとカワセミが来ていました。後で情報を確認したところ、どうやら2ヶ月ほど前から時々姿を見せているようです。小魚を捕らえる印象が強いですが、都会に生息している個体はアメリカザリガニを食べる事があるらしく、他力本願ではないですが、園内の水域に潜むアメリカザリガニも積極的に獲って頂けると助かります。
 ちなみに、稲の方は問題ありませんでした。

東京都 2016年9月5日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビギナーズラック

 シャクジョウソウの生える薄暗い森を抜けると小さな草地に出たので、何か面白い生きものがいないか様子を見てみました。

Asama
アサマシジミ♀

 すると、何やら見た事のある飛び方のシジミチョウが目の前を通り過ぎ、止まった姿をよく見てみれば、蝶屋の先輩が血眼になって探し求めていたアサマシジミでした。他にもいるかと思って草地全体を歩いてみましたが、今回はこのメスだけです。

Oomidori
オオミドリシジミ

 もう一種、林縁で見慣れないシジミチョウを発見し、ミドリシジミの仲間だろうというところまではわかったのですが、オオミドリシジミで合っているのかどうか・・・(間違っていたらごめんなさい)。これも、この1個体だけでした。ビギナーズラック的な物かもしれませんが、森林も然ることながら草地も意外な生きものに出くわすものです。

追記:蝶屋の先輩からオオミドリシジミで合っているとのコメントを頂きました。

Gomadara_2
ゴマダラカミキリ

Ezoharu
エゾハルゼミ♂

 見かける昆虫の種類も少しずつ夏らしくなってきましたが、山梨では初夏の代表種であるエゾハルゼミが、ラストスパートとばかりに懸命に鳴いていました。

山梨県 2016年7月4日

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

その他のカテゴリー

カエル・イモリ | チョウ・ガ | トンボ | 昆虫 | 景色 | 植物 |