« 限られた時間 | トップページ

いつまで粘る

Karamatu

 広葉樹の紅葉はほとんどが終わってしまい、今は一足遅れてカラマツの紅葉が見頃になりました。農地の境目などに一列に植わっている事が多いのですが、そのような場所は風がよく通るためか、紅葉しても瞬く間に散ってしまいます。

Kitombo1

Kitombo2
キトンボ♂:日光浴

 半月前は産卵の盛りだったキトンボも、勢いがだいぶ落ちて来ました。カラマツの落ち葉が降る下で、シラカンバなどの白い樹を選んでは、日光浴で暖を取る姿が多くなりました。

Kitombo3
キトンボ♂・交尾帯

 それでも、日中気温が上がってくれば繁殖活動に勤しんでいるので、もうしばらくは粘りそうです。ここまで来ると、いつまで見られるのか見届けたくもなりますね。

Susuki

 今年の冬の入りは例年よりも若干遅いようで、少々足踏み状態が続いています。ですが、うかうかしていると初雪に路面凍結という事もあり得るので、いい加減に冬タイヤへ交換しないとまずいかもしれません。

弟子屈町 2018年11月3日

|
|

« 限られた時間 | トップページ

トンボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/74535824

この記事へのトラックバック一覧です: いつまで粘る:

« 限られた時間 | トップページ