« 会場は枝先 | トップページ | 癒し »

虫にも虫が付く

Water

 9月もあっという間に過ぎ去ろうとしており、樹々の葉の色が少しずつ赤や黄色みを帯び始め、朝方は既にストーブのお世話になっています。

Menoko1
メノコツチハンミョウ♀

 秋めいて来ると、陽当たりの良い地面にはピカピカと青光りするこの昆虫が現れます。この日歩いた小道でも、至る所でメノコツチハンミョウが見られたのですが、その中のメスを目で追っていると、何やら小さな昆虫が周りを飛び回っています(青矢印)。

Danika
ダニカの一種?

 顔を近づけて、よ〜くよ〜〜く見てみれば、明らかに体に取り付いており、しかも吸血しているようにも見えます。最初はブユの一種かなと思っていたのですが、調べたところによると、おそらくはダニカと呼ばれるハエの一種で、昆虫類の体液を吸血するそうです。
 それにしても、ツチハンミョウと言えば体液に毒性のあるカンタリジンを含んでいるはずですが、その体液を吸っても平気なのでしょうか?

Tombodanika
ミヤマアカネ♂の翅に付くトンボダニカ?
(弟子屈町 2012年8月18日)

 また、実はトンボにもダニカの一種が付いている事があります。日本トンボ学会の連絡誌で以前紹介されていたので、トンボ屋さんはご存知の方も多いのではないでしょうか。
 このトンボダニカ、トンボの翅脈から吸血するという何とも物好きな昆虫で、止まっているトンボの翅をよ〜く見ると時々付いています。先ほどのツチハンミョウに付いていたダニカも然ることながら、こちらもこちらで高速で羽ばたくトンボの翅によく取り付いているものだなぁと、少々感心してしまいます。
 昆虫の世界は本当に奥深いものですね。

弟子屈町 2018年9月27日

|
|

« 会場は枝先 | トップページ | 癒し »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/74297874

この記事へのトラックバック一覧です: 虫にも虫が付く:

« 会場は枝先 | トップページ | 癒し »