« 久々の出会い | トップページ | 死して尚 »

普通種の有り難さ

 ようやく天気が落ち着いて来たので、休日となれば、以前からマークしていた水域へと向かう日々です。

Shiokara
シオカラトンボ♂

 今回は、山中にある沼地の様子を見て来ました。ここは流入・流出河川が見た限りでは無く、水も濁り気味。おまけに岸辺はエゾシカの足跡だらけなのですが、そんな水域でも元気に飛んでいるのがシオカラトンボです。おそらく、今年初めてしっかりと姿を見ましたが、全国的に見られる種だからこそ、その姿を見ると何だかとても落ち着きます。

Kuroito
クロイトトンボ♂

 同じくこちらも全国的に見られるクロイトトンボですが、私の住んでいる地域では、意外にも分布する水域が限られています。シオカラトンボと同様、何度も見て来たはずなのに、改めて見ると中々綺麗なものです。

Ooruriboshi
オオルリボシヤンマ:羽化のため上陸

 水際には、先日羽化を部分的に観察したオオルリボシヤンマの幼虫が上陸していました。この日は別に天気が悪い訳ではなかったですが、今頃から上陸とは社長出勤ですね。羽化を見届けようかと思ったのですが、目を離した数十秒の隙に姿を消してしまいました。

Kosanae
コサナエ♂

 この水辺での一番の目的は、実はこのコサナエ。学生時代に、一度ここで見たきりだったので数年間気になっていたのですが、数は若干少ないものの、しっかりと命を繋いでいたようで安心しました。何しろ、道内に分布するサナエトンボ科は本種含めわずか4種ですから、貴重な存在です。

弟子屈町 2018年7月15日

|

« 久々の出会い | トップページ | 死して尚 »

トンボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/73864567

この記事へのトラックバック一覧です: 普通種の有り難さ:

« 久々の出会い | トップページ | 死して尚 »