« 開幕 | トップページ | リラ冷えを越えて »

灼熱の記憶

Forest

 エゾヤマザクラがあっという間に散ってしまい、気がつけば新緑が眩しい時期になりました。

Miyamahansyouzuru
ミヤマハンショウヅル

Kushirowachigaisou
クシロワチガイソウ

Aodaisyou
アオダイショウ

 カッコウやエゾハルゼミの声が響く中、ムカシトンボを探してとある林道(以前とは別の)を訪れたのですが、2万5千分の1地図をどう見比べても沢や林道の位置が所々で違っており、この数年の間にかなりの撹乱があったようでした。道端の草花を眺めつつ、不意に茂みから現れたアオダイショウに驚きながらも奥まで進みましたが、羽化の痕跡や素早く飛ぶ黒い影も無く、意外にも本州の様にはすんなりと行かないようです。

 しかし、収穫無しかと引き返してしばらくした時、不意に足下へ現れたあるチョウに目が釘付けになりました。

Cyamadaraseseri
チャマダラセセリ

 なんと、チャマダラセセリです。いやまさか、見渡しても荒れ地や草地が無い林道で出くわすとは思ってもいませんでしたが、林道の轍(わだち)には食草のミツバツチグリがわずかに生えており、もしかしたら、深そうに見える森のどこかに、秘密の草地でもあったのかもしれません。

 そういえば、かれこれ5年前。蝶屋の先輩に誘われて関東北部へ本種を探しに行った事がありましたが、あの時は真夏でしかも終日晴れで、生息地は日影が皆無の場所だったので、灼熱の太陽光の下、乾涸びる思いで探した記憶が残っています。
 今回も終日晴れで、25℃越えの北海道としては暑い日でしたが、どうもチャマダラセセリには灼熱の記憶がセットで付きそうです。

道東 2018年5月29日

|

« 開幕 | トップページ | リラ冷えを越えて »

チョウ・ガ」カテゴリの記事

コメント

チャマダラセセリ!?近くに個体群あったりしないかな…?

スカラベさん

後で航空写真を見たら、草地(崩壊地?)らしき場所があったので、おそらく発生地ないしは個体群が存在しているかもしれません。
道東は面白いですね〜。

けい

投稿: スカラベ | 2018年6月 5日 (火) 01時29分

懐かしいなー。夏型はキツいけど春型は気持ちいい採集だよ。
本州の産地はここ何年かで本当に少なくなった。

大学時代の蝶屋の先輩

記憶の主の登場ですね(笑)
あれから早5年と思うと、あっという間ですね。
こちらも暑かったですが、湿度が無かった分確かに快適でした。
北海道での分布も局所的らしいので、本州と同様にいつまでいるかわかりませんね。

けい

投稿: 大学時代の蝶屋の先輩 | 2018年6月 5日 (火) 12時22分

実はチャマにハマッてた時期があって 四国〜北海道まで…。w
最も回数行ったのが富士山の1500m〜の年1化で シロバナノヘビイチゴの大群落にへたり込んで それはさながらアルプスのお花畑にいるような錯覚を覚え 実に気持ちの良いロケーションでしたよ。

辺蟲憐さん

やはり蝶屋さんとしてはハマる種なんですね。
数年前に山梨に住んでいましたが、富士山にポイントがあったとは!
そんな素敵な場所があったのなら、もう少し色々と探検しておくべきでした、、、。

けい

投稿: 辺蟲憐 | 2018年6月 6日 (水) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/73569073

この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱の記憶:

« 開幕 | トップページ | リラ冷えを越えて »