« 花見ず | トップページ | 早春の集会 »

日だまり

Akitabuki
アキタブキ

 東京出張から戻ってみると季節が少し進んでおり、そこかしこでアキタブキが顔を出していました。本州のフキより二回り大きいのですが、聞いた話では苦みがやや強いのだとか。天ぷら、もしくは生で刻んでお味噌汁に混ぜるのが良いそうです。

Fukujyusou6
フクジュソウ

Fukujyusou7
フクジュソウ群生地

 フクジュソウも続々と咲き乱れて来ましたが、この日の観察の過程で野生個体の群生地を発見しました。一方向だけの写真ですが、本当は360度全方向を同じ密度のフクジュソウに囲まれています。見つけた時は、その光景に思わず笑ってしまいました。

Kujyaku1

Kujyaku2
クジャクチョウ

 そして、計らずも嬉しい出会いとなったのがクジャクチョウ。というか、成虫越冬するのでしたね。寒冷地生のチョウとは言えども、よくぞ氷点下20℃の冬を外で乗り切ったものだなぁと関心してしまいました。

Kujyaku3

Kujyaku4

 植物にしても動物にしても、一際多く生えている場所や、長い時間日光浴をしている場所というのは、他のところより気持ち暖かい気がしました。ある意味で、日だまりを渡り歩くようなものです。
 そういえば、自宅の隅で越冬しているエルタテハも気がつくと姿を消していました。、、、が、自力で家の外に出られる様には思えないので、どこかに挟まっているかもしれません。

弟子屈町 3月31日

|
|

« 花見ず | トップページ | 早春の集会 »

チョウ・ガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/73220642

この記事へのトラックバック一覧です: 日だまり:

« 花見ず | トップページ | 早春の集会 »