« 早春の集会 | トップページ | 湿原のサファイア »

温む水

Mizubashyou_2
ミズバショウ

 エルタテハの集会を見物した帰り道。夏に何度か訪れた湿地にも立ち寄ったところ、ミズバショウが咲いていました。もう少し先かと思っていたので、驚きつつも新たな花の開花には心が躍ります。

Ezoakagaeru1_2
エゾアカガエル♂

 そして、湿地全体から聞こえて来るのはエゾアカガエルの「キュア キュア」という求愛の大合唱。驚かさないように、そっと水辺に近寄って覗き込むと、水面の至るところからエゾアカガエルが顔を出しています。

Ezoakaegg
エゾアカガエルの卵塊

 水中には真新しい卵塊もありました。水の中にも春の気配が満ちてきましたね。

Akamaruhanabachi
アカマルハナバチ 女王*

 カエルの大合唱が響き渡る水辺のアキタブキの花に、悠然と羽音を響かせてやって来たのが、こちらのアカマルハナバチ。本州では見ない種だなと思い、帰ってからよくよく調べてみれば、北海道にしか分布していないハチでした。例に違わず、限られた花を求めてやって来たのか、花粉まみれになりながらも忙しそうに蜜を舐めていました(*この時期に飛ぶのは基本的に女王との事でした)。

弟子屈町 2018年4月17日

|

« 早春の集会 | トップページ | 湿原のサファイア »

カエル・イモリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/73327402

この記事へのトラックバック一覧です: 温む水:

« 早春の集会 | トップページ | 湿原のサファイア »