« Utopia | トップページ | 今年の振り返り:2017 »

一発芸

 今年は仕事の都合で年末年始と帰省できないため、クリスマスも大晦日もお正月も、静かに過ごす事となりました。それだと少々寂しいので、同じく仕事の関係で帰省しない友人と共に、お互いの寂しさを紛らわすべく、鳥を見に行って来ました。

Oowasi
オオワシ

 訪れたのは、以前にコクガンを観察した道東の海辺。あれから季節が少し進んだので、道沿いの電柱の上からオオワシが出迎えてくれました。冬の道東の海辺ではごく普通に見る事ができる猛禽ですが、実は世界的に見てもユーラシア大陸の極東地域一帯にしか分布していないため、欧米の鳥好きの人がわざわざ北海道まで観察に来るほどだそうです。

Abi
アビ

Keasinosuri
ケアシノスリ

 午前中は海辺で海洋生のコオリガモやアビといった水鳥をゆっくり眺め、午後は陸側で観察を行ったのですが、個人的に特に嬉しい出会いとなったのがケアシノスリでした。
 実は、今回の観察での最大の目標の一つがこのケアシノスリで、最近入ったという情報を頼りにしていたのですが、留まっていてくれて助かりました。観察中は、電柱の上で草原を凝視している時間が多く、時々飛び立ってホバリングも交えた飛行からの急降下で、小動物(おそらくエゾヤチネズミ)を捕らえていました。その綺麗な白さが雪国にはお似合いですね。

Kitakitune1
キタキツネ

 観察中、ふと生きものの気配に周りを見回すと、そこにはキタキツネが。かなり人慣れしているようで、餌を期待してか、しばらく近くをうろうろしていました。

Kitakitune2
キタキツネ「一発芸するよ!『稲荷寿司』」

、、、という感じの可愛らしいおねだりポーズですが、野生動物ですので餌付けは厳禁です。道東に来る際は惑わされぬようにご注意を。

 ちなみに、このキタキツネに遭遇した後、お昼を食べにコンビニに立ち寄ったのですが、友人はあろうことか、どん兵衛の天ぷらそばをチョイスしていました(そこは流れ的に、きつねそばorうどんではないのか?)。
 サクサク音を立てながらそばを啜る友人の横で、どん兵衛のCMの

どんぎつね「なんで、きつねうどんじゃないんですか?」「あぁやめて! 裏切りの音がする!」

が、頭を過りました。

Freezebay

 この日は最高気温が幸運にもプラスで、しかも海風も弱く穏やかな中、目当てとしていた鳥も無事に見る事ができて、友人共々寂しさもほぐれた一日でした。

道東某所 2017年12月23日

|
|

« Utopia | トップページ | 今年の振り返り:2017 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/72532055

この記事へのトラックバック一覧です: 一発芸:

« Utopia | トップページ | 今年の振り返り:2017 »