« 楽園 | トップページ | 煌めき »

静と動

 前回のコサナエに関しての補足ですが、楽園に潜む影(?)が蠢く場面がありました。

Tutigaeru1
怪しいツチガエル

 観察中、「ぎゅっぎゅっ」というツチガエルの鳴き声が聞こえて来ていたのですが、羽化中のコサナエの傍らをふと見れば、何やら怪しげな雰囲気のツチガエルの姿が。

Tutigaeru2
コサナエ(上とは別個体)に食らいついたツチガエル

 そして案の定、羽化中のコサナエに食らいつく場面も目撃してしまいました。どうやら、翅を伸ばしている時の揺れるような動きや、風に流されて体勢を戻す時の動きに反応してしまようで、捕食というよりも、条件反射で食らい付いているような気がしました。どちらにしても、一度こうなってしまうと羽化は失敗に終わるので、正に楽園の裏側を感じた瞬間でした。

Sioya1
シオヤトンボ:交尾

 コサナエ観察を満喫したあと、陽当たりの良い湿地に場所を移し、今が盛りのシオヤトンボの楽園にも目を向けました。

Sioya2

Sioya3
シオヤトンボ:産卵の合間の飛翔

 時折、どこからともなくメスがやって来てカップルが成立していたのですが、対してオスの数があまりにも多く、折角産卵を始めても、すぐさま別のオスに連れ去られるという事がほとんどでした。仕舞いにはメスも疲れたのか、ひたすら交尾拒否をする個体もいる始末・・・。他のオスから邪魔されず、落ち着いて産卵を行えていたのはほんの一握りでした。

Hosomi
ホソミイトトンボ♂

 午前中はコサナエの羽化、午後はシオヤトンボの闘争と産卵と、「静」と「動」の楽園を堪能した一日でした。

東京都 2017年5月5日

|
|

« 楽園 | トップページ | 煌めき »

トンボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/70496079

この記事へのトラックバック一覧です: 静と動:

« 楽園 | トップページ | 煌めき »