« スロースタート | トップページ | 見極め »

ホバークラフト

 年明け辺りから、今年の春こそはホンサナエの羽化を観察したい! と思っていたので、東京昆虫記のkojeeeさんによる再びの指導の元、観察に行って来ました。

David
ダビドサナエ

 現地に着いて岸辺に目を向けると、羽化のために上陸したダビドサナエの幼虫を早速発見。良い場所を探すため、てくてくと忙しく歩いていました。

Yama1
ヤマサナエ

 そんな中、水面からのっそりと上がって来たヤマサナエも発見しました。kojeeeさん曰く『ホバークラフトの様な上陸』という表現が、実に的を得ています。散ったサクラの残骸(萼:がく?)を体に付けて、いかにも春らしい出で立ちです。

Yama2
ヤマサナエ♂:羽化(上とは別個体)

 昨年はタイミングが合わず観察できなかったので、羽化の一部始終を見届ける事にしました。大型のトンボではありますが、羽化開始から羽の伸長が終わるまで一時間程度という早さで進む姿を見ると、やはりサナエトンボらしいなと思います。

Aosana1
アオサナエ♂:羽化

 驚きだったのが、こちらのアオサナエ。数年前のゴールデンウィークの時に、羽化の最盛期に当たった印象があまりに強かったのですが、東京での第一陣の発生は丁度今くらいからとの事でした。そして肝心のホンサナエの方ですが、今回訪れた場所に関しては発生数が少なかったようで、春先に羽化したのが最初にして最後だったみたいです・・・。
 ですが、ヤマナサナエやアオサナエの羽化を久々に観察できましたし、ホンサナエについては北海道にも分布しているので、今後の楽しみとして取っておく事にします。

東京都 2017年4月23日

|
|

« スロースタート | トップページ | 見極め »

トンボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/70356422

この記事へのトラックバック一覧です: ホバークラフト:

« スロースタート | トップページ | 見極め »