« 水上花見 | トップページ | スロースタート »

向き合う

 そろそろ東京でもトンボシーズンが開幕しそうなこの頃。折角東京に戻って来たので、以前にも度々お世話になっていた東京昆虫記のkojeeeさんにお誘い頂き、早春のトンボ観察に行って来ました。

Hosomiotunen1
オツネントンボ♀

 最初に、ホンサナエが羽化しているかどうか確認しに向かったのですが、前々日・前日と雨で気温も低かったせいか、残念ながら空振りでした。とは言え、この日は晴れて気温は高めだったので気を取り直し、教えて頂いた場所で草を掻き分けつつ目を凝らすと、無事に冬を乗り越えたオツネントンボが次々に姿を現しました。

Hosomiotunen2
オツネントンボ♀

 皆、陽当たりの良い場所で日光浴しつつ、時折小さな昆虫を食べてのんびりと過ごしていました。メスについては警戒心が弱めだったので私でも近づけたのですが、オスに至っては少し身じろぎしただけで飛んでしまう程で、警戒心の度合いが随分と違いました。普通種ではありますが、じっくり向き合ってみると、今まで気がつかなかった事が見えてくるものです。

Hakkahamusi
ハッカハムシ

 トンボ観察の合間に、ふと目の前に現れたハッカハムシのその美しさにも、心を奪われました。

 4月から新たな職場での新生活がスタートしました。そして、先日の記事で出し惜しみしたその勤務地についてですが、なんと北海道です。しかし、現地に赴任するのは予定では7月以降となりましたので、向こう3ヶ月間は東京で下働き研修をしつつ、準備を整える事となりました。しばらくは通い慣れたポイントに足を運び、鋭気を養う事とします。

東京都 2017年4月2日

|
|

« 水上花見 | トップページ | スロースタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/70142377

この記事へのトラックバック一覧です: 向き合う:

« 水上花見 | トップページ | スロースタート »