« 2017年1月 | トップページ

パイオニア

 四国のトンボを語る上で忘れてはならない種に、シコクトゲオトンボがいます。世界で唯一、日本のしかも四国だけに生息しているトンボですが、分布だけでなく、生息環境も特殊なトンボです。成虫が現れるのは5月頃からなのですが、幼虫期間は2〜3年と推定されるため、冬場でもヤゴの姿を見る事ができます。

 実は昨年の12月頃から、シコクトゲオトンボのヤゴの姿を拝むべく、資料を漁りつつ何度か探索に乗り出したのですが、運が悪いのか、センスが無いのか、なかなか見つけられず、この時期まで引きずって来てしまいました。それこそ、トンボ屋の大先輩方に聞けば楽なのでしょうが、やはりそれは取って置きの手段。まずは自分の足で現場に行って、雰囲気だけでも感じる事が重要です。

Turara

 この日も、資料と類似した環境を探して県内をさすらい、氷柱の伸びる岩の下、湧き水の滴る落ち葉や苔をひたすら捲っていたのですが、未だ成果無しでした。我武者らに探しながら、脳裏には数日前に尾園さんの湘南むし日記にて、お隣の徳島県内で撮影したシコクトゲオトンボの記事が過ります。

 自分には高嶺の花だったか・・・と思いつつ、岩に張り付いた何枚目かもわからない落ち葉を捲ってみると、そこに天然の小さな窪が現れました。そしてその瞬間、窪の中に潜んでいた小さな生きものに、目が釘付けになりました・・・!?

Shikokutogeo1
これは・・・!?

Shikokutogeo2
シコクトゲオトンボ

 最初は半信半疑でしたが、住処からお出で願い、その全体を見た時に、ワンテンポ遅れて「いたー!!!」という絶叫が周囲の森にこだましました。

Shikokutogeo3

 体長は1センチほどで、この大きな頭とずんぐりした体型、腹部の先端に付いた円形に近い鰓は、紛う事無きシコクトゲオトンボのヤゴの特徴です。実物を見ると、結構かわいいですね。

Rindou
生息環境

 今回見つけた環境というのが、こちら。普通ならば、トンボのヤゴがいるとは到底思わない環境ですが、写真右側の湧き水が滴る岩で確認しました。
 シコクトゲオトンボの属するヤマイトトンボ科は、樹林に囲まれた河川源流部、もしくは今回のような湧き水の滴る林道沿いの苔むした岩場などに生息しているようで、一説では他の種との競争を避けて、ほとんどのトンボが利用しない上記の環境を選んだとされています。最初にも書いた通り、幼虫期間が推定で2〜3年との事ですから、競争はなくとも、食料が豊富な環境とは必ずしも言えなさそうです。しかしながら、やはり普通のトンボが生息しないような環境にあえて進出・適応したという点では、中々魅力的なトンボだと言えるでしょう。

 若干、まぐれだった面もありますが、特殊な暮らしぶりの一部を直に見る事ができただけでも、非常に大きな収穫となりました。これを活かして、県内の他の場所でも探索を続けたいと思います。

香川県 2017年2月13日

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

肝に銘ずる

 年が明けてから落ち着いて観察する時間がなく、折角の休みでも天気が悪かったりと、2017年最初の観察初めは、気がつけば1月の最終週となってしまいました。

Yurikamome
ユリカモメ

 酉年なので、まずは鳥の写真でも。
 向かい風に乗りながらホバリング気味に飛んでいたので、トンボの飛翔写真の感覚を思い出す良い練習になりました。

Ubatamayanisashi
ウバタマムシ(左)とヤニサシガメ(右)

Ubatama

 道端に植えられていた樹(タイワンフウ)の種名プレートを何気なくめくってみると、裏側にウバタマムシとヤニサシガメが隠れていました。ヤニサシガメは、いても然もありなんというところですが、ウバタマムシのような大物が出るとやはり嬉しいですね。

 毎年、最初の観察に出て感じることなのですが、現場に出れば何かしらの収穫もしくは発見が必ずあるので、短い時間でも観察に出ることが大切だと肝に銘じて、今年も頑張ろうと思います。

香川県 2017年1月27日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年1月 | トップページ