« 流れを前に物思う | トップページ | 暑さ帳消し »

密林を越えた先

 先日の木曜日、大学院で発光生物の研究をしている先輩がサンプル採集を手伝って欲しいという事で、埼玉県の某所へと行って来ました。

Kitune
キツネノカミソリ

 この日は朝からとても暑く、おまけに訪れた場所は樹々が鬱蒼と茂っており湿度が高かったので、少し歩くだけで大粒の汗が顔を流れました(おまけに蚊の多いこと!)。蒸し暑い林の中、蚊と格闘しつつ草を掻き分け進む様に、いつぞやのマレーシアのジャングルでの採集を思い起こしました。
 そんなキツい行軍中、少し開けた場所に出たどころで、不意に大きなトンボが目の前を横切りました。もしやと思いその影を目で追い、止まった姿をおそるおそる確認すると・・・

Neakayoshi
ネアカヨシヤンマ♂

 そこにいたのは、紛う事なきネアカヨシヤンマ! 休憩の時間帯だったらしく、しばらく枯れたシュロに掴まっていました。恥ずかしながら、生きた姿を見たのはこれが初めです。蒸し暑い密林を越えた先には、思わぬ宝が待っていてくれました。

埼玉県 2016年8月4日

|
|

« 流れを前に物思う | トップページ | 暑さ帳消し »

トンボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/66869752

この記事へのトラックバック一覧です: 密林を越えた先:

« 流れを前に物思う | トップページ | 暑さ帳消し »