« 続・メガネ族 | トップページ | Sentinel »

水恋い

 先日の土曜日、地元の公園で月恒例の昆虫調査があったので、再び参加してきました。

Restaurant2

 最初に、7月の調査でヒラタクワガタなどが集まっていたクヌギの様子を見に行くと、今回はカブトムシやゴマダラチョウが集まっていました。調査の時間帯は前回とほぼ同じでしたが、季節の進んで気温や湿度が変われば、訪れる昆虫も変わるというのは面白いですね。

Jyakou
ジャコウアゲハ

 蚊の猛攻撃に耐えながら樹液レストランを後にすると、一角にあるウマノスズクサに立派なジャコウアゲハの幼虫が乗っていました。ウマノスズクサ自体は前々からあったのですが、ジャコウアゲハが周辺地域では少ない事もあって、これまで幼虫は全く確認されていませんでした。それが今年になって、突如飛来したメスによる産卵が確認され、その卵が孵ったようです。実はこの個体以外にも、成長段階が様々な幼虫が複数いたので、このまま行けばある程度の成虫が発生しそうですし、冬には蛹も観察できるかもしれません。

Sennokami
センノカミキリ

Shiokara
シオカラトンボ♂

 センノカミキリのいる林を抜けて水田に出れば、水路脇に置かれたジョウロの先に、水でも恋うかのようにシオカラトンボが止まっていました。ここ最近は珍しく朝晩と涼しいですが、日中はやはり暑いですからね。水田も乾き気味だったので、まとまった雨が降って欲しいところです。

Noshime
ノシメトンボ♂

 夏らしい光景が展開される一方、涼しげな林縁には一足早く秋の到来でも告げるかのごとく、ノシメトンボがひっそりと止まっていました。まだまだ夏は続きますが、目立たない所から少しずつ変わっているようです。

東京都 2016年8月13日

|
|

« 続・メガネ族 | トップページ | Sentinel »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/67026260

この記事へのトラックバック一覧です: 水恋い:

« 続・メガネ族 | トップページ | Sentinel »