トップページ | 2016年9月 »

台風前の静けさ

 前回からの続きです。
 原始のトンボの生息地に思いを馳せた後、川に戻ってハグロトンボをしばらく観察しました。

Haguro
ハグロトンボ:交尾拒否

 数はそこそこ見られはしたのですが、交尾や産卵の時間帯には少し早かったようで、オスが懸命にアタックをしかけるも実ってはいませんでした。残念ながら良い成果は得られなかったので、早々に引き上げて別の水域に向かいました。

Ooito
オオイトトンボ

 次の水域では、トンボの個体数は少ないながらもオオイトトンボを見る事ができました。このトンボも、山梨では見つける事ができなかったので(分布してはいるようですが)久々の観察です。

Rurimon
ルリモンハナバチ

Oochyabane
オオチャバネセセリ

Nihonaka
ニホンアカガエル
ヤマアカガエル*

 水域から少し離れた場所では、水色の模様が綺麗なルリモンハナバチも見る事ができ、アキノタムラソウの蜜が好きなのか転々と咲く花を忙しく移動していました。今回調べて初めて知りましたが、幼虫は他のハナバチの巣に寄生して花粉を失敬するらしく、綺麗な色なのに強かですね。

>台風前という事でトンボもやや少なめで空模様も心配ではありましたが、経験豊富なkojeeeさんのご案内により、外れの無い観察を行う事できました。どうもありがとうございます。

* ご指摘頂きました方、どうもありがとうございます。

東京都 2016年8月15日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2016年9月 »