« 生物の境界線 | トップページ | ビギナーズラック »

竜宮城へ・・・?

 翌々日、この日はまず、近場の水域へモートンイトトンボの状況を確認しに向かいました。

Kofuki
コフキトンボ♀

 昨年は6月中にその姿を見ていたのですが、今回は気配が皆無でした。気になるのは、昨年の暮れから近くの池の櫂堀をするために水を止めていた関係で、モートンイトトンボの発生していた湿地も冬場は完全に干上がってしまい、ようやく水が溜まっているのを確認したのは6月に入ってからでした。乾燥耐性のあるハラビロトンボは普通に発生しているのですが、モートンイトトンボの方がどうなっているのか、非常に心配です。

Kusagame
クサガメ

 コフキトンボを撮影していた横から、草を掻き分け上陸したクサガメさん。竜宮城へ連れて行ってくれる・・・訳ないですね。

 クサガメとしばし戯れた後、水域からは離れて山へと観察に向かいました。

Turuaridooshi
ツルアリドオシ

Syakujyo
シャクジョウソウ

 山を歩くと、水域では見られない植物がそこかしこで見られますが、今回特に嬉しい発見となったのが、こちらのシャクジョウソウ。幽玄な雰囲気はどことなくギンリョウソウを思わせますが、やはり葉緑素を持たない腐生植物でした。森の中は不思議に満ちていますね。

山梨県 2016年7月4日

|
|

« 生物の境界線 | トップページ | ビギナーズラック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/66354652

この記事へのトラックバック一覧です: 竜宮城へ・・・?:

« 生物の境界線 | トップページ | ビギナーズラック »