« 蚊取り線香を忘れずに | トップページ | 一瞬の姿 »

水際の攻防戦

 7月始めに夜のウチワヤンマの羽化観察を行いましたが、そろそろ繁殖活動も盛んになっている頃かと思い、今度は明るい時間帯に例の水域へと様子を見に向かいました。

Aki
アキアカネ♂

 水際へと向かう途中、早くも赤く色付いたアキアカネが出迎えてくれました。

Uchiwa1

Uchiwa2
ウチワヤンマ♂

 目的の場所に着くと、見晴らしの良い枝がある場所や、産卵に使われそうな流れ藻(水草の切れ端)が固まっている場所などで、縄張り主のオスが他のオスや時々通り過ぎるオオヤマトンボとバトルしながらメスの到来を待っていました。時折ホバリングもしていたのですが、今回は風も味方してくれたので撮影が比較的簡単にできました。

Uchiwa3
ウチワヤンマ:交尾

 しばらくオスのそばで距離を置いて待っていると、突如として現れたメスを目敏く見つけて、素早くアタックしていました。この時は相手のオスがさぞせっかちだったようで、交尾もままならない状態で産卵に使うと思われる流れ藻の辺りでしばらくホバリングしていました。この数秒後に連結を解いて産卵を行いかけたのですが、場所が気に入らなかったのか(それとも近くに私がいたから?)、数回打水しただけで空の彼方へ・・・。

Kusaredama
クサレダマ?

Neko
お昼寝

 2時間程粘って交尾帯や産卵は数回確認できたのですが、メスの方はあまり落ち着きがなく、一定の場所に留まって産卵している事がほとんどありませんでした。少々残念でありましたが、とは言え運良く飛翔中の交尾帯も撮れましたし、昨年と合わせてウチワヤンマの大まかな生態を観察できたので、良しとしましょう。

静岡県 2016年7月21日

|
|

« 蚊取り線香を忘れずに | トップページ | 一瞬の姿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75171/66619650

この記事へのトラックバック一覧です: 水際の攻防戦:

« 蚊取り線香を忘れずに | トップページ | 一瞬の姿 »