トップページ | 2016年8月 »

二物を与えず

 前回からの続きです。この日最後に訪れたのは、以前にネキトンボの撮影でお世話になった貯水槽です。

Takane1
タカネトンボ♂

 貯水槽の方では、相変わらずネキトンボの発生と繁殖活動が続いていたのすが、すぐ近くにある樹々に囲まれた小さな池を覗いてみると、タカネトンボのオスがパトロール飛翔を行っていました。しかも、中々良い高度で時折ホバリングしていたので、よくホバリングする場所に腰を据えて、しばらくその姿を眺めていました。

Takane2
タカネトンボ♀:産卵

 観察中、メスが5回ほど飛来しオスの目を盗んで産卵を行っていたのですが、流石にオスは目敏く、ワンテンポ遅れてメスを視界に捕らえると、すぐさまアタックして空へと消えて行く場面がほとんどでした。
 そんな中、突如として足下に羽音が聞こえ、目線を足に向けるとメスの姿が! なんと、私の足の間をかいくぐって水を腹部に溜めながら、すぐそばの苔などに向かって産卵を行っていました。よく考えてみれば、オスがホバリングをしていた箇所はメスが産卵に使いそうな苔むした石があったので、丁度その位置に私が陣取ってしまっていたようです。
 オスからしてみれば、「邪魔だ〜!!」という心境だったかもしれませんが、一方のメスは私を盾にするかのように始終忙しく動き回って産卵を完結させ、去って行きました。

Takane3

 水滴と共に卵を飛ばす瞬間も一応撮れましたが、流石に腹部の先まではピントは合わず・・・。まぐれでオオヤマトンボは撮れましたから、天は二物を与えずというところでしょうか。

Kouhu
甲府盆地

 さて、唐突ではありますが、色々あって山梨県の職場を去る事となりました。誠に残念ながら、山梨を拠点とした観察活動は今回で一先ず最後となります。わずか1年と少しの山梨での生活でしたが、トンボ面では先輩方から様々な情報を頂けたお蔭で、近隣の長野や静岡を含め充実した活動を行う事ができました。
 拠点は再び東京に戻りますが、トンボ観察はこれまでと同様に続けて行きます。

山梨県 2016年7月23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

梅雨空の下の輝き

 前回の続きです。この日3箇所目の水域に訪れると、周辺の草地から羽化間もない未熟なショウジョウトンボが沢山飛び上がりました。

Syouzyou1

Syouzyou2
ショウジョウトンボ♀

 草地を見渡してみると、至る所の草先に止まっています。ショウジョウトンボと言えば、真紅の姿のオスが夏場の水域ではよく目立ちますが、未熟な時期は雌雄共に爽やかな橙色をしているので、梅雨時にはハッとする綺麗な色です。

Syouzyou3
♀:体温調節

Syouzyou4
♂:移精練習?

 未熟個体と言えども、その行動を眺めていると成熟個体と変わらない一面もあり、例えば陽射しの強い場所にいた個体は、立派に体温調節の姿勢(オベリスク姿勢)をとっていました。一つ面白かったのが、未熟なオスが移精と思われる行動をとっていた事で、完全に性成熟はしていなくてもこのような行動を取るのですね。

Syouzyou5
ショウジョウトンボ♂

 ほとんどが未熟個体の中、一足先に成長した個体の姿もありました。まだ一部に橙色が残っているので不思議な色合いではありますが、お馴染みの雰囲気です。

Monki
モンキチョウ♂

 最後に黄色系繋がりという事で、ショウジョウトンボ達の間を飛び回っていたモンキチョウを。

山梨県 2016年7月23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一瞬の姿

 先日の土曜日の事。この日は、早朝から終日かけてここ1年の間に開拓した県内の観察地の様子を一通りまわって見て来ました。

Hosomiito
ホソミイトトンボ♂

 最初に訪れた水域では、春先に群れを成していたホソミオツネントンボは完全に鳴りを潜め、代わりにホソミイトトンボ(夏型)がそこかしこに飛んでいました。

Ooyama
オオヤマトンボ♀:産卵

 ホソミイトトンボの観察中、水面上を産卵しながら飛んでいたオオヤマトンボに駄目もとでシャッターを切ったのですが、非常に幸運ながら写り込ませる事ができました(水面に残っている波紋が産卵時の飛沫です)。腹部の先端が下に反っていますが、産卵の際にこの様な形状になるというのは、写真で確認するまで全然意識していませんでした。普段よく目にするトンボでも、見過ごしている部分は沢山あるものです。

Jyusanhoshi
ジュウサンホシテントウ

Inugoma
イヌゴマ

 時期的に境目であったのか、トンボの種類はそこまで多くありませんでしたが、新たな発見を得られた一時でした。

山梨県 2016年7月23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

水際の攻防戦

 7月始めに夜のウチワヤンマの羽化観察を行いましたが、そろそろ繁殖活動も盛んになっている頃かと思い、今度は明るい時間帯に例の水域へと様子を見に向かいました。

Aki
アキアカネ♂

 水際へと向かう途中、早くも赤く色付いたアキアカネが出迎えてくれました。

Uchiwa1

Uchiwa2
ウチワヤンマ♂

 目的の場所に着くと、見晴らしの良い枝がある場所や、産卵に使われそうな流れ藻(水草の切れ端)が固まっている場所などで、縄張り主のオスが他のオスや時々通り過ぎるオオヤマトンボとバトルしながらメスの到来を待っていました。時折ホバリングもしていたのですが、今回は風も味方してくれたので撮影が比較的簡単にできました。

Uchiwa3
ウチワヤンマ:交尾

 しばらくオスのそばで距離を置いて待っていると、突如として現れたメスを目敏く見つけて、素早くアタックしていました。この時は相手のオスがさぞせっかちだったようで、交尾もままならない状態で産卵に使うと思われる流れ藻の辺りでしばらくホバリングしていました。この数秒後に連結を解いて産卵を行いかけたのですが、場所が気に入らなかったのか(それとも近くに私がいたから?)、数回打水しただけで空の彼方へ・・・。

Kusaredama
クサレダマ?

Neko
お昼寝

 2時間程粘って交尾帯や産卵は数回確認できたのですが、メスの方はあまり落ち着きがなく、一定の場所に留まって産卵している事がほとんどありませんでした。少々残念でありましたが、とは言え運良く飛翔中の交尾帯も撮れましたし、昨年と合わせてウチワヤンマの大まかな生態を観察できたので、良しとしましょう。

静岡県 2016年7月21日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

蚊取り線香を忘れずに

 先日の三連休、地元の公園で昆虫観察会があったので、久々に参加して来ました。

Konoshime
コノシメトンボ♀

Restaurant

 最初は園内の雑木林を歩いたのですが、茂みにひっそりと止まっていたコノシメトンボの頭上に目を向ければ、クヌギの樹液酒場が賑やかでした。少々わかりにくいですが、樹皮の隙間にはヒラタクワガタが2匹隠れています*。

Syouryomodoki
ショウリョウバッタモドキ

Oomomobuto
オオモモブトスカシバ?

 蚊の猛攻撃を受けながら雑木林を抜けて水田へ出ると、そこかしこかでショウリョウバッタモドキが飛び跳ねていました。少し前まではあまり目立ちませんでしたが、気がつけば立派な姿になっているものです。
 水田脇のミソハギにはオオモモブトスカシバ(?)が丁度来ていたのですが、羽化してから間もないのか、後脚の毛のモサモサ具合が素晴らしく、一見すると花粉を付けた蜂の様でした。

Aomon
アオモンイトトンボ:交尾

 水田でしばらく観察を行っていると、どこからともなくマルタンヤンマのメスが現れ、上空をしばらく旋回してから飛び去って行きました(流石に写真は撮れませんでしたが・・・)。園内では細々と世代を繋いでいるようなので、より蒸し暑くなるこれからの時期には、木陰で休むお馴染みの姿を見る事ができるかもしれません。同時に蚊も一層増える事でしょうから、蚊取り線香も忘れずに持って行きたいところです。

東京都 2016年7月16日

* クワガタの居場所

Answer

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

七変化

 一週間前になりますが、山梨県内のカトリヤンマの状況を確かめに、とある水田へと向かいました。

Mizokakushi
ミゾカクシ

 先に結果を言ってしまうと『外れ』で、やはり東京よりも若干遅いのか(それとも探した地点がそうなのか)はわかりませんが、ポイントはわかっていても難しいトンボです。という訳で、水田周りを一通り観察する事にしました。

Nihonama
ニホンアマガエル

 灰色の空の下、水田脇にたたずんでいた灰色のアマガエル。周囲に合わせて体の色を変えられるというのは知っていましたが、これほど見事な灰色の個体を見たのは初めてです。体長も4センチ前後と大きめでしたが、ここまで成長していると様々な修羅場を乗り越えて来たのか否か、カメラをぐっと近づけても逃げる素振りを微塵も見せませんでした。貫禄十分です。

Tokyodaruma
トウキョウダルマガエル

 一方で、アマガエルよりも数倍の大きさのトウキョウダルマガエルはと言うと、少し近付いただけで一目散に水田の中へと消えて行ってしまいました。梅雨時の水田では、羽化したアカネ類と共にカエル達も多く見かけますが、たまにはカエルの方に目を向けるのも良いものです。

山梨県 2016年7月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

都会の聖域

 土日に所用で帰省したので、例によって空いた時間で近所の公園の様子を見てきました。

Akaboshi
アカボシゴマダラ

Gomadara
ゴマダラチョウ

 都内ではお馴染みとなったアカボシゴマダラですが、園内のクヌギの樹液を我が物顔で独占していました。方や、生活環境を同じくするゴマダラチョウも細々と命を繋いでいるようですが、樹液争いには加わらずに日影で静かに涼んでいました。

Yabu
ヤブヤンマ♀:産卵

 昨年に、ヤブヤンマのオスのぶら下がりを観察した池にも行って見ると、産卵中のメスを丁度発見しました。こちらも都会の真ん中で無事に命を繋げているようで、一安心といったところです。ぶら下がり中のオスは見られなかったので、もう少し暑くなってからですね。

Monosashi
モノサシトンボ♂

Kiito
キイトトンボ♂

 プラ舟ビオトープのモノサシトンボとキイトトンボも健在なようです。都会のまっただ中にあるさして大きくない公園ですが、園その物が一つのビオトープとも言えるので、色々な生きものにとって重要な空間である事を、訪れる度に感じさせてくれます。

東京都 2016年7月11日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

神様蜻蛉

Haguro1
ハグロトンボ♂(右)・♀(左)

 関東では、梅雨の明けきらないこの時期からハグロトンボの数が次第に増してきますが、先日トンボの方言に関する資料を読み返していた時、ハグロトンボが地域によっては「かみさまとんぼ」の名で呼ばれている(いた)事を思い出しました。

Haguro2

 名前の由来には諸説あるようですが、見た目だけでなく、未熟な個体が発生水域近くの日影に集まるという生態が、少なからず関係しているようです。日影と一口に言っても色々ありますが、例えば、神社やお寺には『社寺林』があり、ここにもハグロトンボがよく集まります。神域の、しかも薄暗い所に集まるハグロトンボの幽玄な姿を見て、昔の人はそこから神の存在を感じたのでしょうか。

Ooshio
オオシオカラトンボ♀:産卵

Ooao
オオアオイトトンボ

 オオシオカラトンボは違いますが、アオイトトンボ科についても同じく「かみさまとんぼ」の名で呼ばれている(いた)地域があるようです。特にオオアオイトトンボは日影の水域に生息していますし、ハグロトンボと共通した金属光沢の体という事もあり、同じ名が付いたのかもしれません。
 水域環境の陽当たりによってトンボの種類は大きく変わりますが、様々な方言を見ていくと、姿形やその生態が反映された名前が着いているものです。

山梨県 2016年7月7日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝霧

 夜間の羽化観察から2日後、この日は天気が芳しくなかったのですが、とある谷戸の休耕田へとモートンイトトンボの観察に向かいました。

Morton1
モートンイトトンボ♀(未熟)

Morton2
♀(成熟)

Morton4

 濃い霧の中、休耕田の草先を一つずつ見て行くと、一目でそれと解る鮮やかな黄色の未熟なメスや、方や草に溶け込む様な黄緑色の成熟したメス、そして頭から腹部にかけて独特な色合いのオスそれぞれが姿を現しました。トンボ類は全般的に未熟時と成熟時で色調が全く異なりますが、この様な対照的な違いはいつ見ても驚かされます。

Morton3
交尾

 交尾中のペアも一組だけ確認できましたが、よくよく見てみればメスの方は未熟個体ではありませんか。こんな事もあるのですね。
 もう少し良い場所に止まっているペアや、産卵中のメスも探そうかと思ったのですが、ここの休耕田にはブヨ(ブユ)がとても多く、この撮影をしている合間にも猛攻撃により顔を数カ所刺されてしまい、早々に撤退しました。

Shiokara
シオカラトンボ♂:休止

Web

 いつ霧雨に変わるか冷や冷やしながらの観察でしたが、霧のお蔭で幻想的な一時でした。

山梨県 2016年7月6日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

漆黒の水際にて

 草地での観察を終えた辺りで丁度お昼を過ぎ、山を下りて県外の水域へとウチワヤンマの様子を見に向かいました。 

Uchiwa1

Uchiwa2
ウチワヤンマ♂

 昨年は7月の第3週頃に様子を見に行き、かなりの数の羽化殻が確認されたので今年は2週間早めてみたのですが、それでも既に成熟した個体がいました。

Uchiwa3

 抜け殻の状態もご覧の通りでしたが、居合わせた地元の釣り人さんにお聞きしたところ、10日ほど前から抜け殻が見られるようになったとの事でした。ウチワヤンマの発生は、約1ヶ月ほど長期的に続くらしく、昨年の状況と成熟個体・抜け殻の数から見て、まだ発生の初期段階なのかと思われました。

 こうなったら、昨年にやり残した事を実行するしかありません。

Uchiwa4
♂:羽化

 という訳で、この日は一旦家に引き返してから体勢を立て直し、日没と共に再び水域に舞い戻りました。

Uchiwa5_2
♀:羽化

 実は、夜間の羽化撮影に臨んでおきながら、三脚を未だに持っておらず、カメラ直置き・レリーズ装備という無謀なスタイルで、漆黒の中で小型ライト片手に観察を行いました。平たい岩の上で羽化していた個体がいてくれたのが本当に幸いです。上陸途中の幼虫も数個体は確認したのですが、定位箇所がカメラを置ける場所でなかった事と、光の影響をどこまで受けるのかが不安でしたので、これはまた持ち越しとしました。また、この日は新月で光がほとんど無く、今度は月も味方につけるつもりで再挑戦したいところです。
 闇の中で夢中でシャッターを切ること数時間。ふと時計を見れば、23時!? 朝から晩まで、なんとも長い一日でした・・・。

静岡県 2016年7月4日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビギナーズラック

 シャクジョウソウの生える薄暗い森を抜けると小さな草地に出たので、何か面白い生きものがいないか様子を見てみました。

Asama
アサマシジミ♀

 すると、何やら見た事のある飛び方のシジミチョウが目の前を通り過ぎ、止まった姿をよく見てみれば、蝶屋の先輩が血眼になって探し求めていたアサマシジミでした。他にもいるかと思って草地全体を歩いてみましたが、今回はこのメスだけです。

Oomidori
オオミドリシジミ

 もう一種、林縁で見慣れないシジミチョウを発見し、ミドリシジミの仲間だろうというところまではわかったのですが、オオミドリシジミで合っているのかどうか・・・(間違っていたらごめんなさい)。これも、この1個体だけでした。ビギナーズラック的な物かもしれませんが、森林も然ることながら草地も意外な生きものに出くわすものです。

追記:蝶屋の先輩からオオミドリシジミで合っているとのコメントを頂きました。

Gomadara_2
ゴマダラカミキリ

Ezoharu
エゾハルゼミ♂

 見かける昆虫の種類も少しずつ夏らしくなってきましたが、山梨では初夏の代表種であるエゾハルゼミが、ラストスパートとばかりに懸命に鳴いていました。

山梨県 2016年7月4日

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

竜宮城へ・・・?

 翌々日、この日はまず、近場の水域へモートンイトトンボの状況を確認しに向かいました。

Kofuki
コフキトンボ♀

 昨年は6月中にその姿を見ていたのですが、今回は気配が皆無でした。気になるのは、昨年の暮れから近くの池の櫂堀をするために水を止めていた関係で、モートンイトトンボの発生していた湿地も冬場は完全に干上がってしまい、ようやく水が溜まっているのを確認したのは6月に入ってからでした。乾燥耐性のあるハラビロトンボは普通に発生しているのですが、モートンイトトンボの方がどうなっているのか、非常に心配です。

Kusagame
クサガメ

 コフキトンボを撮影していた横から、草を掻き分け上陸したクサガメさん。竜宮城へ連れて行ってくれる・・・訳ないですね。

 クサガメとしばし戯れた後、水域からは離れて山へと観察に向かいました。

Turuaridooshi
ツルアリドオシ

Syakujyo
シャクジョウソウ

 山を歩くと、水域では見られない植物がそこかしこで見られますが、今回特に嬉しい発見となったのが、こちらのシャクジョウソウ。幽玄な雰囲気はどことなくギンリョウソウを思わせますが、やはり葉緑素を持たない腐生植物でした。森の中は不思議に満ちていますね。

山梨県 2016年7月4日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

生物の境界線

 ネキトンボの産卵が、ものの1時間ほどで収束してしまったので、午後は周辺の観察に切り替えました。

Edanana
エダナナフシ

 本人は枝に成りきっているつもりなのかもしれませんが、場所がちょっと悪かったですね。

Murasakihokori
ムラサキホコリ?

 朽ち木の上で、ムラサキホコリ(?)と思われる変形菌(粘菌)の一種の子実体を発見しました。身近な場所にも普通に生息しているらしいのですが、普段注意を向けていないためか、これまでに見た事はあっても通り過ぎていたかもしれません。知識が無いと「なんぞこれ!?」という外見の生物ですからね。
 ところで、私が変形菌という存在を初めて知ったのは、漫画『風の谷のナウシカ』でなのですが、劇中では突然変異で誕生した超危険な粘菌が、何もかも飲み込んで巨大化していく印象があまりにも強すぎて、実際の粘菌に対しても何となく恐怖心を抱いていた時期がありました。実際は全くもって恐ろしい生物ではありませんが、動物的な側面と植物・菌的な側面があるので、生物の境界線を考える上では実に不思議な生物だと思います。

Yukinoshita1

Yukinoshita2
ユキノシタ

 途中にあった神社の境内にも立ち寄ってみたところ、ユキノシタが丁度見頃でした。改めて見てみると、なかなかに可憐な形の花です。

山梨県 2016年7月2日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

集団心理

 この数週間、諸事情により自然観察どころではなかったのですが、なんとか落ち着きましたので、鈍った間隔を取り戻すために昨年ネキトンボを観察した池に向かいました。

Kibosi
キボシカミキリ

 水際のクワの枝先で、じっとしているキボシカミキリを発見しました。真夏のカミキリというイメージが強いですが、発生時期がかなり長いらしいですね。

Azumahiki
アズマヒキガエルの子どもたち

 水際の一角に何やら黒い塊があったので、近付いてよく見てみると、手足が生えたばかりのアズマヒキガエルの子どもたちでした。オタマジャクシが一塊になっているのをよく見かけますが、上陸する段階でも大勢で水際に集まって、じわじわと上がって行くのですね。「みんなで渡れば怖くない」的な心理なのでしょうか?

Neki
ネキトンボ:産卵

 目当てのネキトンボですが、午前中は姿がほとんど見えなかったものの、お昼過ぎからどこからともなく複数のカップルが現れて、忙しく産卵を行っていました。発生状況としては昨年と変わらずといったところで、安心しました。

山梨県 2016年7月2日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2016年8月 »