熱中は禁物

 折角道東で暮らす事になったので、大学の卒業研究で調査を行った水域の様子を見に行って来ました。

Ruribosi1

Ruribosi2
ルリボシヤンマ♂

 調査地の一つだった森林内の湿地帯に訪れると、以前と変わらずにルリボシヤンマやモリトンボが飛び交っていました。再び調査地に戻る事ができたのは幸運とも言えるので、卒業研究でやり残した事を補完するべく、個人的に今後も調査を継続して行こうかと思います。

Onikuwagata1

Onikuwagata2
オニクワガタ♂

 湿地のそばに落ちていた木片の上には、オニクワガタの姿も。本州では、山地や高山帯のブナ林等でしかお目にかかれないそうですが、北海道では平地で普通に見られるようです。小さいクワガタですが、短くもがっしりとした大顎がなかなか格好良いですね。

Karasuageha
吸水するミヤマカラスアゲハたち

 ルリボシヤンマやオニクワガタを小一時間眺めた後、近くの湖岸にも行ってみたところ、ミヤマカラスアゲハが点々と集まって吸水していました。

 この写真を撮影した直後、水際の砂地をふと見ると、直径20センチ以上はあるヒグマの真新しい足跡が・・・! 写真を撮るのも忘れ、手を叩いたりしてなるべく大きな音を出しながら、すぐに車へと撤退しました。侮るなかれ北海道!
 思い返せば、学生時は単独かつ自転車でこの調査地まで通っていたので、今考えれば命知らずもいいところです。・・・とか言いつつ、そこへ再び一人で来ている始末ですが。

 今回は、足跡で済みましたが、観察・撮影にせよ、採集にせよ、トンボに熱中し過ぎて周辺への警戒を怠ると、「あっ、やせいのヒグマが飛び出してきた!」(ポ◯モン風)などという事も十分あり得るので、それなりの緊張感を持ってフィールドに出ようと痛感しました。

弟子屈町 2017年8月8日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の彼方から

 北の大地からこんにちは。
 7月から道民となり、この一ヶ月はヒグマと戦う事もなく平和に過ごして、仕事や生活にも少しずつ慣れてきました。住んでいるのが道東の田舎町なのですが、生活面では今の所不自由もなく、自然も豊かなところです。
 東京者からすると、北海道には涼しい印象を持ってしまいますが、この時期だと晴れた日の気温は30℃以上まで上がるので、意外と暑いものです。ただ、東京と違って湿度が低く、朝晩は窓を開けて寝られないほど涼しくなるのが幸いですが。そして、豊かな自然を象徴するかの様に、昼夜問わず飛び交う昆虫の多さには目を見張ります(特に蛾とハエ・アブ類)。

 新しい仕事と生活にも慣れて来たので、昆虫の多さに期待しつつ、移住後初のトンボ観察に行って来ました。

Kitaito
キタイトトンボ♂

 東京を発つ前に、「北海道のトンボを紹介できれば、、、」と豪語してしまったので、有言実行という事でまずはこのキタイトトンボから。
 発見した場所では、ルリイトトンボと混じって飛んでいたので一瞬わかりませんでしたが、よく見れば青色の濃さが全然違います。道内にはキタイトトンボの他にも、エゾイトトンボやオゼイトトンボ、ルリイトトンボと青系のイトトンボが多いので、パッと見で見分けられる境地に早く達したいものです。

Ruriito
ルリイトトンボ:潜水産卵(中央)と飛翔する♂

 道内ではお馴染みのルリイトトンボも。かつての卒業研究の折に、毎日の様に顔を合わせていましたが、久々に目にするとその青空の様な色につい見とれてしまいます。

Kohiodosi
コヒオドシ

Tanchyou
麦畑の中のタンチョウ

 海抜は120メートルの地域なのですが、本州では高山帯に分布するコヒオドシやクジャクチョウが飛んでいたり、畑の中にタンチョウがぽつんといる姿を見ると、やはりここは北海道だと実感します。
 という訳で、これからの長い道東での生活も、これまでと同様にトンボを追いかけながら送って行こうと思います。

弟子屈町 2017年7月29日

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウスバキトンボの気分

Siokara
シオカラトンボ♂(未熟):ヒメウラナミジャノメを捕食

Onaga
オナガサナエ♂(未熟):休止

 この2ヶ月間、音信不通となっていましたが、いよいよ北の大地へと旅立つ事となりました。
 おそらくは、残りの生涯のほとんどを北海道で過ごす事になるかと思いますので、ウスバキトンボよろしく、新天地に骨を埋める覚悟で生きていこうと思います。次に更新する時は、北海道のトンボを紹介できれば良いのですが、一先ずは、ヒグマに食べられないように精々気をつけることにします。

神奈川県
 2017年5月8日:シオカラトンボ
 2017年6月26日:オナガサナエ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

煌めき

 ゴールデンウィークの後半は、川のトンボの様子を見て来ました。

Davido
ダビドサナエ

 今回訪れた川では、水面から突き出た岩や岸辺の草にダビドサナエの抜け殻が多く見られ、羽化の時期は既に終盤という雰囲気でした。そんな中、今しがた水中から上がって来たばかりと思われる幼虫の姿を発見。そばに腰を据えて、羽化を見届ける事にしました。

Davido2

Davido3
ダビドサナエ♀:羽化

 足場が中々気に入らなかったのか、脚を取っ替え引っ替えしつつ優に一時間をかけてから、ようやく羽化を始めました。実は、中々羽化が始まらなかったので、周辺の様子を見に1分ほど場を外したのですが、それを待っていたのか否か、戻って来た時には既に頭が出ていたというオチです・・・。
 羽化を始めたらあっという間で、途中で川面の風に流されながらも、さっきまで自分が入っていた殻にしがみつき、翅の展開が終わると直ぐさま飛び立って行きました。

Davido4
ダビドサナエ♀:羽化(別の個体)

Davido5

 最初の個体を見届けてから川を離れようとしたところ、少し離れた場所でも別の個体が殻から出ようとしてました。翅の展開後、こちらはしばらく留まってくれたので、せせらぎの音を聞きながら、初々しい翅の煌めきにしばし心を奪われました。

東京都 2017年5月6日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静と動

 前回のコサナエに関しての補足ですが、楽園に潜む影(?)が蠢く場面がありました。

Tutigaeru1
怪しいツチガエル

 観察中、「ぎゅっぎゅっ」というツチガエルの鳴き声が聞こえて来ていたのですが、羽化中のコサナエの傍らをふと見れば、何やら怪しげな雰囲気のツチガエルの姿が。

Tutigaeru2
コサナエ(上とは別個体)に食らいついたツチガエル

 そして案の定、羽化中のコサナエに食らいつく場面も目撃してしまいました。どうやら、翅を伸ばしている時の揺れるような動きや、風に流されて体勢を戻す時の動きに反応してしまようで、捕食というよりも、条件反射で食らい付いているような気がしました。どちらにしても、一度こうなってしまうと羽化は失敗に終わるので、正に楽園の裏側を感じた瞬間でした。

Sioya1
シオヤトンボ:交尾

 コサナエ観察を満喫したあと、陽当たりの良い湿地に場所を移し、今が盛りのシオヤトンボの楽園にも目を向けました。

Sioya2

Sioya3
シオヤトンボ:産卵の合間の飛翔

 時折、どこからともなくメスがやって来てカップルが成立していたのですが、対してオスの数があまりにも多く、折角産卵を始めても、すぐさま別のオスに連れ去られるという事がほとんどでした。仕舞いにはメスも疲れたのか、ひたすら交尾拒否をする個体もいる始末・・・。他のオスから邪魔されず、落ち着いて産卵を行えていたのはほんの一握りでした。

Hosomi
ホソミイトトンボ♂

 午前中はコサナエの羽化、午後はシオヤトンボの闘争と産卵と、「静」と「動」の楽園を堪能した一日でした。

東京都 2017年5月5日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«楽園