赤や黄色の

Autumu

 赤や黄色の木の葉が山肌を染める頃、水辺にも赤や黄色が飛び交っています。

Kitombo1
キトンボ♂・連結帯

 昨年の晩秋にキトンボを観察した水辺を再び訪れてみると、今年も元気に飛んでいました。と言うよりも、昨年よりも遥かに個体数が多く、マユタテアカネやシオカラトンボを圧倒していたほどでした。着いた時間は午前中で、見れば多くのキトンボが相手を見つけて連結帯を作っています。

Kitombo2
キトンボ:産卵(*左端のみマユタテアカネ)

 しばらくすると、狙い済ましたかのように各所で産卵が始まりました。てっきり、岸辺の湿った泥などに産卵するかと思っていたのですが、今回見たほとんどのペアは、水没した倒木や樹の根元などを選んで産卵を行っていました。

Kitombo3
キトンボ:産卵

 特に人気の場所だったのが、このような苔むした倒木でした。キトンボの産卵方式は、腹部の先を水面に一度付けて水滴をまとい、水面や泥などへ水滴と一緒に卵を打ち付ける『打水・打泥式』ですが、苔に向かってこの動作をしていると、タカネトンボなどのエゾトンボ科の産卵風景とも重なります。

 一時は水辺の至る所で産卵が繰り広げられ、目移りするほどだったのですが、遠く彼方で正午を告げる時報が聞こえたのを皮切りに、程なくしてピタッと見られなくなりました。トンボの中には、『産卵は午前中に集中して確認される』という生態情報が記録された種が複数おり本種その一つですが、こうまで時間帯に正確だとは思いもしませんでした。

Kitombo4
キトンボ♂:ちょっと失礼、、、

 午後になると、みんな思い思いの場所で日光浴をしたり、体の手入れをしたりして、産卵の疲れを癒していました。

 トンボたちの日光浴に使ってもらおうかと、捕虫網を地面に置いて広げていたのですが、やはり置いた途端に次々に集まってきました。日光浴するのは別に良いのですが、リラックスのしすぎなのかどうか、網の上で堂々と糞をする個体までいる始末です、、、

Kitombo5

Kitombo6
複眼の手入れをする♂(上)・♀(下)

Kitombomayutate
日光浴をするキトンボ♂ & マユタテアカネ♂

 のべ2日かけて観察を行いましたが、産卵を行う時間帯がかなり限られていた上に、見ていた限りでは、複数のペアが同じ場所で固まって産卵している様に思えました。単純に、産卵に適した場所が限られていたのか、あるいは一つのペアが産卵している姿に触発されて他のペアが集まって来るのかどうかはわかりませんが、いずれにしても興味深い光景ではありました。来年も変わらずに出て来てくれる事を祈るばかりです。

弟子屈町 2018年10月13・17日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

船大工

 今月の中旬にかけてが紅葉の盛りのようなので、近場の森へ紅葉狩りに行って来ました。

Autumn1

Autumn2

 今年は、6〜7月と雨続きだったのが影響してか、地元の方曰く例年よりは紅葉が美しく無いとの事ですが、その分しっかりと紅葉した樹が森の中では格段に目立つので、相対的な効果で綺麗に見えます。

Kumagera1
秋の森の木陰から・・・(左下の辺りに注目)

 紅葉を眺めていたところ、森の端から木を突く大きな音が響いてきました。そして、突く音の合間に木霊する「ピュイーー」という甲高い鳴き声。この音はもしやと思い、その方向に目を凝らしてみると、、、

Kumagera2
クマゲラ♀

 案の定、クマゲラが豪快に樹を突いていました。昨年の丁度10月頃にもクマゲラのオスに遭遇しましたが、今回は頭の赤い部分が小さいのでメスのようです。生きた姿を間近に見たのはこれが3度目ですが、何度見てもその大きさに圧倒されるばかりです。

Kumagera3

 しばらく突いては舌を樹の中に差し込んでいたので、中に潜んでいるキクイムシなどの昆虫を捕食していたのかもしれません。左側に穴が空いていますが、これは集中的に突いた跡で、多くのキツツキ類は丸形の穴を空けるのに対して、クマゲラの場合は長方形に近い形になる傾向があるそうです。
 かれこれ、この樹で40分近く獲物を探していたのですが、発見時はしっかりと付いていた樹皮を丸々一周剥がしてしまい、その力強さには改めて驚かされました。アイヌの人々が、『丸木舟を彫る鳥』と呼んだ気持ちがよくわかります。

弟子屈町 2018年10月9日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

癒し

 先日、オホーツク海に面した湿地へと行って来たのですが、天気と気温が幸いしてか、アキアカネの産卵が繰り広げられていました。

Aki1

Aki2
アキアカネ:産卵

 この場所は、近隣の保全団体によってヨシ刈りがしっかりと行われているようで、枯れたヨシ原に前日までの雨水が加わり、まるで稲刈り後の水田の様な環境になっていました。アキアカネたちは、そういった水が少し溜まった所に次々と飛んで来ては産卵を行っていました。
 道東には湿地が無数にあるので、アキアカネの生態から考えればどこででも産卵できるように思えますが、あえてこの場所を選んで集まって来たところを見ると、やはり水田に近い環境が好きなのかもしれません。

 そんな小難しい話はさておき、無数のアキアカネが周囲を飛び交う中での一時は、季節感もあって中々に癒されました。

網走市 2018年9月29日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

虫にも虫が付く

Water

 9月もあっという間に過ぎ去ろうとしており、樹々の葉の色が少しずつ赤や黄色みを帯び始め、朝方は既にストーブのお世話になっています。

Menoko1
メノコツチハンミョウ♀

 秋めいて来ると、陽当たりの良い地面にはピカピカと青光りするこの昆虫が現れます。この日歩いた小道でも、至る所でメノコツチハンミョウが見られたのですが、その中のメスを目で追っていると、何やら小さな昆虫が周りを飛び回っています(青矢印)。

Danika
ダニカの一種?

 顔を近づけて、よ〜くよ〜〜く見てみれば、明らかに体に取り付いており、しかも吸血しているようにも見えます。最初はブユの一種かなと思っていたのですが、調べたところによると、おそらくはダニカと呼ばれるハエの一種で、昆虫類の体液を吸血するそうです。
 それにしても、ツチハンミョウと言えば体液に毒性のあるカンタリジンを含んでいるはずですが、その体液を吸っても平気なのでしょうか?

Tombodanika
ミヤマアカネ♂の翅に付くトンボダニカ?
(弟子屈町 2012年8月18日)

 また、実はトンボにもダニカの一種が付いている事があります。日本トンボ学会の連絡誌で以前紹介されていたので、トンボ屋さんはご存知の方も多いのではないでしょうか。
 このトンボダニカ、トンボの翅脈から吸血するという何とも物好きな昆虫で、止まっているトンボの翅をよ〜く見ると時々付いています。先ほどのツチハンミョウに付いていたダニカも然ることながら、こちらもこちらで高速で羽ばたくトンボの翅によく取り付いているものだなぁと、少々感心してしまいます。
 昆虫の世界は本当に奥深いものですね。

弟子屈町 2018年9月27日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

会場は枝先

 道東では早くも木の葉の色付きが始まっていますが、時を同じくしてトンボにも秋の気配が漂い始めています。

Kitombo1
キトンボ♂

 数は少ないながらも、既にキトンボの姿が水辺にありました。橙色の翅が仄かに秋を感じさせます。

Syachihokoga
シャチホコガ

 枝先にぽつんと止まっていたシャチホコガ。指で突いてみると、名前の通り鯱(しゃちほこ)らしきポーズを取ってくれました。これに気を良くして、しばらくカメラを向けていたところ、、、

Kitombosyachihoko
キトンボ♂ & シャチホコガ

 キトンボのオスが、撮影会に参加しに来てくれました。異色コンビのツーショットですね。

Mayutatesyachihoko
マユタテアカネ♂ & シャチホコガ

 キトンボが席を外したのを見計らうかのように、マユタテアカネもやって来ました(この直後にキトンボに追い払われていましたが)。何の変哲も無い一本の枝先でしたが、賑やかな撮影会場でした。

Akanesyachihoko
最後はみんなで

弟子屈町 2018年9月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«制空権を握る