カンタリジントラップ

 先日、別件で森の中の水域を訪れたのですが、その際にキトンボに遭遇しました。というわけで、今回はそのキトンボと再会を果たすべく改めてその水域へ。

Kitonbo1
キトンボ♂

 例によってヒグマ出没地なので、車から降りると、手を叩きながら水域へと向かう森の小径を下りました。現場に着いて、岸辺に転がる倒木に目を向けると、日光浴中のキトンボを早速発見。今年は一度も見ておらず気にはなっていたので、少し安心しました。

Kitonbo2
キトンボ♂

 個体数は少なかったのですが、中には近寄らせてくれる個体もいたので久々に広角撮影にも挑戦してみました。時間帯の都合上、接近し過ぎると自分の影が写りこんでしまうため、十分な距離を取れなかったのが少々残念ですが、、、。また、撮影のために腹這いになる際に、実は一瞬ためらってしまったのですが、それは何故かと言うと、

Menokotuchi
メノコツチハンミョウ♂・♀

 地面に目を向けると、そこかしこでメノコツチハンミョウが歩いていたのです。ツチハンミョウの仲間は、体液にカンタリジンという毒性分が含まれており、素肌に触れると火傷の様な炎症が出るそうです(未経験なのでどれほどなのかわかりませんが)。ウインドブレーカー越しだとしても、流石に体で押し潰すわけにはいきませんから、腹這いになる前にはよくよく地面を見渡してからの撮影となりました。

Kitonbo3

 記録では、年明けの1月下旬にキトンボが確認された例があるので、寒さ厳しい道東ではいつ頃まで見る事ができるのか、ツチハンミョウに気を付けつつ、今後も様子を見に訪れようと思います。

弟子屈町 2017年10月28日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

彫刻家

 台風が来る直前の休日。嵐の気配が漂う空気の中、駄目もとでトンボ観察にでかけましたが、流石に成果は無しでした。しかし、ふと耳をすませると、水辺のそばにある森の中から何やら音が聞こえます。

Primevalforest
道東の深い森

 森と一言でまとめてしまいましたが、そこは人がほとんど立ち入った事が無いのではと思われる原生林同然の環境。アカエゾマツやトドマツ、エゾマツといった道東を代表する針葉樹が優占する美しい森です。外から森を見ると薄暗い感じがするのですが、中に入ってみれば意外と明るく、針葉樹の枯葉と蘚苔類に覆われたふかふかの地面には、獣道らしき物も続いています。
 今にも、樹の影からヒグマかエゾシカが現れそうな雰囲気の中、森の入り口に静かに立って、気配を殺しながら「カツカツ」と樹を叩く音がする方に注意深く目を凝らすと、

Kumagera
クマゲラ♀

 そこには熊、、、ではなくては、クマゲラの姿が! これまで剥製は何度か見ていましたが、実物を見るとその大きさには改めて驚かされました。最初はカラスかと思ったほどです。それはともかく、まさかクマゲラをすぐ目の前で見る事ができるとは、これは実に感動しました!

 熊の名が付くだけあって樹を突く音もなかなかに大きく、コゲラやアカゲラなどの小型〜中型のキツツキ類の「コツコツ」「コトコト」といった密やかな物ではなく、「カツカツ」「ガツガツ」という豪快な音でした。その音と共に得る食べ物は、主に樹木内に隠れているカミキリムシの幼虫やアリとの事。これだけ大きな鳥を養うには、相当量の昆虫が必要でしょうから、美しさだけでは無い森の力を垣間見た様な気がしました。

 空気が冷えるこれからの季節、彫刻家の様なキツツキ達の色々な音が、森の中から聞こえて来そうです。

弟子屈町 2017年10月21日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

杓文字

 アカネ観察の翌日。この日は、以前に友人から教えて貰った鳥観察に最適なオホーツク海側の場所へと、勉強も兼ねて足を運びました。

Himeuzurasigi
エリマキシギ?

 鳥に関しては素人なので、フィールドスコープはおろか双眼鏡すら持っていないのですが、教えて貰った場所のビジターセンターには観察道具が一式揃っているので、日がな一日鳥見を堪能できました。
 しかし、やはり見ていると少しは写真にも納めたくなってくるものです。たまたま、手持ちの望遠レンズでも撮れる位置にいた鳥を撮影してみたところ、どうやら判別が難しそうなシギの仲間、、、。センター内の図鑑と照らし合わせてみたのですが、冬羽のエリマキシギでしょうか??
 素人が、よりにもよってシギ・チドリ類に手を出すのは無謀ですが、個人的にシギ・チドリの格好は中々にかわいいと思うので、是非とも1種でも多く覚えたい今日この頃です。

Kuroturaherasagi1
クロツラヘラサギ(左)・アオサギ(右・奥)

 そんな素人の私でも、このクロツラヘラサギはわかりました。水辺ではお馴染みのアオサギ達にしれっと混じっている姿が、ちょっと面白いですね。「きみ、なんか白くない?」とか思われてそうですが。後で調べてわかりましたが、そこそこ珍しい鳥だそうです。

Kuroturaherasagi2_2

 望遠レンズだとぎりぎりそれとわかる距離ではあったものの、杓文字を思わせる特徴的な嘴がわかります。
 遠すぎて写真には撮れませんでしたが、他にもオオハクチョウやヒシクイ、オナガガモが見られ、冬の鳥達と共に季節の移り変わりを感じました。

網走市 2017年10月15日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

飛んで網に居る秋の蜻蛉

 徐々に涼しくなるこれからの時期は、アカネ達の日光浴姿が見られる時期です。

Risu
リスアカネ♂

Miyama
ミヤマアカネ♂・交尾帯

 日中は陽当たりの良い場所によく固まっていますが、白色系の物の方が特に好きなので、シラカンバやダケカンバの倒木の他、すっかり脱色して白くなった塩ビパイプといった人工物など、蓄熱もしくは輻射熱が多い物を選んでいるようでした。
 そこで、ふと思い立ったのが手に持っていた愛用の捕虫網。白い物に反応するならばという事で、試しに広げて置いて待ってみると、

Sympetrum1
アカネ見本市

 白に反応してか、あっという間にアカネ達が集まって来ました。左上から、アキアカネ♂、ミヤマアカネ♂、マユタテアカネ♂、コノシメトンボ♂と、アカネの見本市です。

Sympetrum2
この黒は・・・?

 網作戦が思いの外大人気で、気の強い個体に至ってはしばらく独占する始末でした。「それは私のなんだけどな、、、」と突っ込みを入れつつ、アカネ達を見ていると、何やら黒っぽいトンボが。

Mutu
ムツアカネ♂

 もしやと思い、よく確認してみれば『黒い赤トンボ』こと、ムツアカネの登場です。赤の要素が皆無ですが、『青い赤トンボ』ことナニワトンボもいるわけですから、黒い赤トンボがいてもおかしくないでしょう(?)。上から下まで真っ黒なお蔭で、北国の短い秋の陽でも熱を吸収しやすそうですね。

弟子屈町 2017年10月14日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

初心忘れず

 最低気温が早くも氷点下を切った道東にて、懲りずにラストスパートのアカネ達の様子を見に行ってきました。

Tairiku1
タイリクアカネ♂

 昼間の風も冷たさを増して来たので、流石のアカネ達も日光浴に勤しんでいます。先日には、産卵シーンを見せてくれたタイリクアカネも、この日は太陽の方が恋しいみたいです。

Aki1
アキアカネ:交尾

 とは言え、短い秋の間に子孫を残さなければなりません。目の前にフッと止まったカップルを、タイリクアカネか! と喜び勇んでよく見てみれば、なんと見慣れたアキアカネです。この場所では、アキアカネとタイリクアカネの両種が生息しているのですが、先日はタイリクアカネばかりだったので、これもそうかと決めつけたのが間違いでした。

Aki2

 水面に目を向けると、単独で産卵を行うメスの姿が。今度こそタイリクアカネか!? と思いつつ撮影しましたが、産卵後の姿をよく確認してみれば、、、

Aki3
アキアカネ♀:産卵後の小休止

 こちらもアキアカネでした。両種とも行動・生態が少し似てはいるのですが、一回の観察だけで決めつけるのは厳禁だなと痛感しました。初心忘れずとは正にこの事ですね。

Hosigarasu
ホシガラス

 アカネ達の観察中、ふと視線を感じて見回した先には、なんとホシガラスの姿が。流石、普段は人が全く来ない大自然の中の池(ヒグマ出没地)なだけはあります。

弟子屈町 2017年10月14日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«縦横無尽