会場は枝先

 道東では早くも木の葉の色付きが始まっていますが、時を同じくしてトンボにも秋の気配が漂い始めています。

Kitombo1
キトンボ♂

 数は少ないながらも、既にキトンボの姿が水辺にありました。橙色の翅が仄かに秋を感じさせます。

Syachihokoga
シャチホコガ

 枝先にぽつんと止まっていたシャチホコガ。指で突いてみると、名前の通り鯱(しゃちほこ)らしきポーズを取ってくれました。これに気を良くして、しばらくカメラを向けていたところ、、、

Kitombosyachihoko
キトンボ♂ & シャチホコガ

 キトンボのオスが、撮影会に参加しに来てくれました。異色コンビのツーショットですね。

Mayutatesyachihoko
マユタテアカネ♂ & シャチホコガ

 キトンボが席を外したのを見計らうかのように、マユタテアカネもやって来ました(この直後にキトンボに追い払われていましたが)。何の変哲も無い一本の枝先でしたが、賑やかな撮影会場でした。

Akanesyachihoko
最後はみんなで

弟子屈町 2018年9月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

制空権を握る

 オオルリボシヤンマのメスの産卵観察の合間に、まわりを飛んでいたオスの勇姿の撮影にも挑戦してみました。

Ooruribosi_m2

Ooruribosi_m4
オオルリボシヤンマ♂:パトロール飛翔

Ooruribosi_m3
オオルリボシヤンマ♂:縄張り争い

 この日は少し風が吹いていたので、向かい風を受けて空中静止する場面が多く、飛翔撮影にも好都合でした。既に秋らしい色になりつつある道東の空の下、重量感のある姿は中々に映えますね。

Oosiosiokara
オオシオカラトンボ♂(左)・シオカラトンボ♂(右)

 水辺には、他にもシオカラトンボやオオシオカラトンボもいたのですが、巨体のオオルリボシヤンマ達がビュンビュンと飛び回っていたため、気が強い(?)彼らも少し大人しくしている感じでした。

Siokara
シオカラトンボ♂:クロバエ科の一種を捕食

 とは言いつつも、シオカラトンボ達も残り短い間に世代を繋がなければなりません。再び制空権を握る事を夢見てか、ハエを頭からバリバリと豪快に食らっていました。

弟子屈町 2018年9月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

産卵日和

 地震から早くも一週間経ちましたが、ひとまずは生きています。道東地域の揺れは、震源に近い西部に比べたら大した事は無かったのですが、地震が発生した直後の早朝3時台から夜の11時まで丸一日停電してしまったので、生活は少しだけ大変でした。
 今はほぼ元通りの生活に戻りつつありますが、スーパー等の食料品売り場では大豆製品や乳製品がいまだに空で、道東地域唯一の鉄道が不通だったりと、完全に元通りになるのはもう少し先かもしれません。

 そんな大変な時ではありますが、約1ヶ月半ぶりに観察に出られたので、季節の進み具合も感じながらトンボを眺めて来ました。

Ooruribosi_m1
オオルリボシヤンマ♂:休憩

 以前に、オオルリボシヤンマの羽化殻を多く確認した水辺へと行ってみました。水辺に着くと、オオルリボシヤンマのオスが数個体飛びまわる姿が早速目に入り、縄張り争いを繰り広げつつも、食事や休憩もしっかりと取っています。

Ooruribosi_f1
オオルリボシヤンマ♀(前:緑色型 奥:青色型):産卵

 そして、戦いに明け暮れるオス達を尻目に、メス達はと言えば水辺に横たわる倒木などを飛び回っては忙しそうに産卵を行っていました。

Ooruribosi_f2

Ooruribosi_f3
オオルリボシヤンマ♀(青色型):産卵

Ooruribosi_f4
オオルリボシヤンマ♀(緑色型):産卵

 今年がたまたまそうなのかもしれませんが、この水辺ではオオルリボシヤンマの個体数がもの凄く、オス・メス合わせて30〜40個体は飛んでいました。それこそ、岸辺を歩けば1〜2メートルおきにオスかメスの姿が見られ、撮影のために近寄らせてくれる個体を探すのも楽なほどでした。

弟子屈町 2018年9月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

絶好の住処

 怒濤の如く8月が過ぎて、怒濤の9月へと突入するので、ほんの少しだけ息抜きを。

Aburakoumori
アブラコウモリ?:就寝中

 8月半ばのある日。職場の玄関上に、黒い塊が付いているのが目に止まりました。どうやら、アブラコウモリ(?)のようです。玄関前は、夜になると門灯が自動で点いて、その光に引き寄せられて蛾などの昆虫がそれなりに集まって来るのですが、その昆虫を食べに来てそのまま居座ったのかもしれません。
 これから数日間。不規則ではありましたが、朝に同じ辺りで眠っていたりする姿が何度か見かけられたので、餌が取れて寝床もあるこの場所が気に入ってしまったみたいです。

Miyamauzura
ミヤマウズラ

 8月は観察に出る時間が中々取れなかったのですが、気がつけばアカネの仲間がちらほらと飛ぶ様になり、道東は早くも秋の入り口に差し掛かっています。

弟子屈町
 2018年8月16日:アブラコウモリ
 2018年8月28日:ミヤマウズラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

死して尚

 知り合いの虫屋さんから、峠であるトンボが吹き上がって来るという話を聞いたので、現場確認に出掛けてきました。

Sea_cloud
雲海

 峠に着くと、晴天の下でコヒオドシは沢山飛んでいるのですが、肝心のトンボはその影すら全く見えません。時期的な問題か、年によって違うのかもしれませんが、いずれにしても証拠すら得られなかったので、その正体についてはまた今度。という訳で、たまたま見る事ができた美しい雲海を眺めて早々に降りました。奥にちらっと見えている山は知床連山です。

Ezoyamazakura
エゾヤマザクラ

Kujyaku
クジャクチョウ:羽化

 降りる途中、エゾヤマザクラの葉が何故か色付いていたり、クジャクチョウが羽化していたりと、早くも秋の気配らしき雰囲気がありました。

Kuroito
クロイトトンボ:連結中にオスが捕食

 前回、クロイトトンボやコサナエを確認した沼地へもう一度足を運んでみたところ、この日は打って変わってトンボの数が少なかったのですが、よ〜く水辺を見ていると、惨劇の後に遭遇しました。なんと、連結帯のクロイトトンボのオスが、何らかの事故に巻き込まれたのか、腹部を残して消えています。しかも、連結は保持されたまま、、、! 死の間際においてもメスを離さない姿には、切なさを通り越して執念すら感じました。
 でも、ちょっと不気味というか、メスからして見ればかなり迷惑な状況ですね。

弟子屈町 2018年7月17日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«普通種の有り難さ