台風前の静けさ

 前回からの続きです。
 原始のトンボの生息地に思いを馳せた後、川に戻ってハグロトンボをしばらく観察しました。

Haguro
ハグロトンボ:交尾拒否

 数はそこそこ見られはしたのですが、交尾や産卵の時間帯には少し早かったようで、オスが懸命にアタックをしかけるも実ってはいませんでした。残念ながら良い成果は得られなかったので、早々に引き上げて別の水域に向かいました。

Ooito
オオイトトンボ

 次の水域では、トンボの個体数は少ないながらもオオイトトンボを見る事ができました。このトンボも、山梨では見つける事ができなかったので(分布してはいるようですが)久々の観察です。

Rurimon
ルリモンハナバチ

Oochyabane
オオチャバネセセリ

Nihonaka
ニホンアカガエル
ヤマアカガエル*

 水域から少し離れた場所では、水色の模様が綺麗なルリモンハナバチも見る事ができ、アキノタムラソウの蜜が好きなのか転々と咲く花を忙しく移動していました。今回調べて初めて知りましたが、幼虫は他のハナバチの巣に寄生して花粉を失敬するらしく、綺麗な色なのに強かですね。

>台風前という事でトンボもやや少なめで空模様も心配ではありましたが、経験豊富なkojeeeさんのご案内により、外れの無い観察を行う事できました。どうもありがとうございます。

* ご指摘頂きました方、どうもありがとうございます。

東京都 2016年8月15日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原始の生息地

 前回からの続きです。
 オナガサナエのホバリングを観察したあと、kojeeeさんが秘密の水域へと案内して下さいました。その水域というのが、話を聞けば聞くほど不思議な環境で、まさかそんなトンボが?? と、一瞬疑ってしまうような場所なのですが、現場に付いていざ探索してみると、

Katori1

Katori2
カトリヤンマ♀:羽化

 教えられた先に目を向けてみれば、羽化を終えたカトリヤンマが初々しい翅を煌めかせていました。昨年に、山梨で泥に塗れた産卵中のメスを見てからほぼ一年ぶりの出会いですが、羽化直後の初々しい姿もやはり良いものです。

Hosomiotu1

Hosomiotu2
ホソミオツネントンボ♀:羽化

 ここで合わせて見る事ができたのが、越冬で有名なホソミオツネントンボ。一年を通して散々見て来た姿ではありますが、羽化を終えたばかりの個体を見ると、実に新鮮な気持ちになります。

Ookamakiri
オオカマキリ♂

 ここで確認されたトンボは、通常だと水田に生息している種が多かったのですが、実際の景観は水田とは全く異なる物でした。しかし、水環境は水田と通じる面があり、日本の大地に水田稲作が広がる前は、こういった環境にホソミオツネントンボやカトリヤンマ、アキアカネなどの、水田ではお馴染みのトンボが生息していた原始の生息環境なのかもしれません。

東京都 2016年8月15日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sentinel

 先日の月曜日、お盆休みに入っていたkojeeeさんが観察に誘って下さったので、お言葉に甘えて同行させて頂きました。

Onaga1
オナガサナエ♂:探雌飛翔

 この時期と言えば、まずはオナガサナエの観察という事で、2年前にもご案内頂いたとある河川のポイントに向かいました。着いてみると、メスの到来を待ってホバリングするオスがちらほらと見られました。久々の勇姿を見て、カメラ設定もそこそこに撮影してしまいましたが、ホバリング時は羽ばたき回数が多いので翅がくっきりと写っていませんね。何となくスピード感は感じられますが。

Onaga3

Onaga2
オナガサナエ♀:産卵

 そんな中、歩哨の様に目を光らせるオスの不意を付き、気がつけばすぐそばでメスがホバリングしつつ、何食わぬ顔で川面に卵を産み落として行きます。先日の長野での観察でオフ日のメスに遭遇しましたが、カメラに全く動じなかったあの姿と、オスの目をかいくぐって産卵する強かさが、何となく繋がったように思えます。

東京都 2016年8月15日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水恋い

 先日の土曜日、地元の公園で月恒例の昆虫調査があったので、再び参加してきました。

Restaurant2

 最初に、7月の調査でヒラタクワガタなどが集まっていたクヌギの様子を見に行くと、今回はカブトムシやゴマダラチョウが集まっていました。調査の時間帯は前回とほぼ同じでしたが、季節の進んで気温や湿度が変われば、訪れる昆虫も変わるというのは面白いですね。

Jyakou
ジャコウアゲハ

 蚊の猛攻撃に耐えながら樹液レストランを後にすると、一角にあるウマノスズクサに立派なジャコウアゲハの幼虫が乗っていました。ウマノスズクサ自体は前々からあったのですが、ジャコウアゲハが周辺地域では少ない事もあって、これまで幼虫は全く確認されていませんでした。それが今年になって、突如飛来したメスによる産卵が確認され、その卵が孵ったようです。実はこの個体以外にも、成長段階が様々な幼虫が複数いたので、このまま行けばある程度の成虫が発生しそうですし、冬には蛹も観察できるかもしれません。

Sennokami
センノカミキリ

Shiokara
シオカラトンボ♂

 センノカミキリのいる林を抜けて水田に出れば、水路脇に置かれたジョウロの先に、水でも恋うかのようにシオカラトンボが止まっていました。ここ最近は珍しく朝晩と涼しいですが、日中はやはり暑いですからね。水田も乾き気味だったので、まとまった雨が降って欲しいところです。

Noshime
ノシメトンボ♂

 夏らしい光景が展開される一方、涼しげな林縁には一足早く秋の到来でも告げるかのごとく、ノシメトンボがひっそりと止まっていました。まだまだ夏は続きますが、目立たない所から少しずつ変わっているようです。

東京都 2016年8月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・メガネ族

 翌日、場所を諏訪湖へと移して昨年にも観察したメガネサナエの様子を見に、同じ川へと向かいました。

Megane1
メガネサナエ♂:縄張り飛翔

 現場に着いてみれば、朝日の差す川面のそこかしこで、メガネサナエのオスが縄張り飛翔とバトルを繰り広げていました。ホバリング気味の飛翔をする時間帯としてはぎりぎりでしたが、それでも数個体が入れ替わり目の前を通り過ぎてくれたので、シャッターチャンスには事欠きませんでした。

Megane2_2

 現地入りしてから約1時間後、飛翔する姿がふっと消えたかと思えば、みんな川岸の思い思いの場所に静止しての縄張りの監視に変わりました。飛翔時もそうですが、静止する際も太陽に背を向けている個体が多かった様に思います。目の前を通り過ぎる者があれば種を問わずスクランブル攻撃をしかけるのですが、一戦終えて元に戻れば、近くに別のオスがいても静かにしているので、排他性が強いのか弱いのか不思議なトンボです。

 長野遠征の数日前に、お世話になっている東京昆虫記のkojeeeさんから、諏訪湖でワカサギが大量死している(水中酸素濃度の不足により)らしいから、行く機会があればメガネサナエの様子を見ておいて欲しいとの連絡を受けていたのですが、状況としては昨年と変わらずというところでした。

Karugamo
カルガモ親子

 観察に区切りを付けようとした時、長崎の原爆戦死者への黙祷の呼びかけが市内放送で流れ、胴長装備に汗まみれという格好ではありましたが、西の彼方に向かって黙祷した後、帰路につきました。

長野県諏訪湖 2016年8月9日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«オフの日